汗・体臭の臭いの原因は?臭いテスト診断

シェアする

スポンサーリンク

汗・体臭の臭いの原因は?臭いテスト診断

汗の臭いをやっつける

今年の夏はもう誰にも臭いとは言わせない!

今年こその解決策を探りましょう!

今日からできる汗・体臭の臭い対策7箇条!  も参考に。

体臭・汗の臭い原因

同じ汗でも強く臭う場合と、そうでもない場合があります。

この差はどこから来るのか?

それには汗の湧き出し口、汗腺の仕組みを知っておくのが手っ取り早いです。

実は汗腺には大小 2種類あって、

皮下直下に位置する小さなエクリン汗腺と、

体毛の生える毛穴の中に隠れている大きなアポクリン汗腺。

この2つの汗腺が性質の異なる汗を分泌します。

アポクリン汗腺はすぐそばに、皮脂腺がある影響もあって、

その汗は脂質、たんぱく質、鉄分、蛍光物質や色素などを含み、濁ってます。

一方のエクリン汗腺は99%が水で、その中に微量の塩分、尿素、乳酸などが含まれる。

こうなると、アポクリン汗腺がニオイの元のように思えますが、

アポクリン汗腺が臭ったらそれは大体、ワキガとなります。

アポクリン汗腺は脇の下やヘソの周囲など、限られた箇所にだけ存在します。

一方、全身に分布し、体温調節に貢献しているエクリン汗腺からの汗こそが、

実は発汗によるニオイを主に生むのです。

と言っても、汗そのものに強く臭う物質が溶け込んでいるわけではありません。

汗と共に皮膚に流れ出た有機物を、皮膚にいる常在菌がエサとして食べ、

排出された代謝物が臭うのです。

どんな人の皮膚にもかなりの数の常在菌がいるし、汗をかかない人はいません。

なのに、スポーツマンの汗は爽やかなものとして称賛されがちですが

汗に、いい汗、悪い汗という区別はありません。

運動直後のアスリートが一般的にあまり臭わないのは、

どんどん流れ出る汗がニオイ物質を洗い流しているからです。

それにアスリートは頻繁に入浴しますから、

大量発汗しても、むしろ肌が清潔に保たれている場合が多いのです。

発汗は自分ではコントロールできない現象で、自律神経の支配下にあります。

だから、体温調節以外にも、極度の緊張やストレスの影響でも汗は出ます。

異動で職場が変わった。

人間関係が変わったなどといったことが引き金で、

自律神経のバランスが崩れると急激に汗が増えたり、臭いだすのはよくある話です。

また、餃子やキムチなどニオイの強いものを食べると、

呼気だけでなく汗も臭いそうですが、

ニオイの強い食材でも、

消化酵素によって分子レベルにまで分解されてから消化・吸収されるので、

それが臭うという事はありません

胃の中のガスが逆流すれば臭いますが。

とはいえ、

今は食の欧米化が進んで、脂質たっぷりの料理を食べる頻度は確実に増えているので、

それが皮脂腺に影響し、体臭を強くしている可能性はあります。

汗・体臭のニオイ・チェックリスト

1点・・・あまりない。

2点・・・少しある。

3点・・・かなりある。

上記の当てはまるレベルに応じて点数をつけます。

合計点が高いと臭いレベルは高くなります。

それでは、どうぞっ!!

〜チェック・リスト〜

1.耳垢が柔らかく湿っている。

2.他人からニオイがキツイと言われたことがある。

3.自分で自分のニオイがわかる。

4.汗をかくと白いブラウスに黄ばみが残る。

5.家族に汗が臭う人がいる。

6.緊張したり興奮するとじっとりと汗をかく。

7.肉類や乳製品、脂肪分の多い食物が好きである。

8.シャワーの後、2〜3時間で体臭が気になってくる。

9.体毛が濃いと思う。

10.他人のニオイには神経質な方。

(30〜25点)
臭っている可能性は高いので、専門医を受診した方がいいレベル。

(24〜20点)
治療の必要があるかどうか、専門医に相談レベル。

(19〜15点)
今日からできる汗・体臭の臭い対策7箇条! 」で紹介するような日常的ケアで改善の余地があるレベル。

(14点以下)
標準値なので、今後も清潔を心がけるべし。

なお、耳の穴にはアポクリン汗腺が多いため、耳垢が湿っている人は、しばしばワキガを伴う。

また、体臭・ワキガは遺伝の影響も少なくないが、隔世遺伝も考えられます。

体毛の濃い人は毛穴も多いので、アポクリン汗腺も多いです。

体臭対策記事
スポンサーリンク

シェアする

フォローする