熱中症とは?熱中症の仕組みと症状

シェアする

スポンサーリンク

熱中症とは?熱中症の仕組みと症状

夏の熱中症対策

夏は、熱中症に注意が必要です。

重症化すると命に関わります。

こまめに水分補給をするなどさして予防に努めるとともに、

万一のときの為に、応急処置も覚えておく事が大切です。

熱中症とは暑さによって起きるさまざまな体調不良

熱中症とは、暑さが原因で起きるさまざまな体調不良の総称です。

重症化すると、意識障害臓器の機能障害を起こして、命を落とすこともあります。

夏の気温は、昔に比べて高くなっています。

また、アスファルトやコンクリートに覆われた都市部では、

ヒートアイランド現象により気温が上昇しやすく、夜になっても熱が冷えにくいため、気温が下がりません。

こうした事から、近年は熱中症を起こす危険が高まっています。

熱帯夜も増えていて、家で過ごすことの多い高齢者は特に注意が必要です。

熱中症の仕組みと症状

意識障害を起こすなど、重症化すると命に関わります。

熱中症の初期の症状は、疲労や夏風邪と思って見過ごしがちですが、

暑い場所にいたあとに体調不良が起きたら、熱中症を疑って対処する事が肝心です。

熱中症が起こる仕組み

人間の体の内部の温度は、37℃くらいに維持されています。

暑くなると末梢(まっしょう)血管が拡張して血流が増え、

体の内部の熱を排出しようとします。

同時に、汗をかいて、体表から熱を奪いながら蒸発し、熱を下げます。

しかし、いくつかの原因により、

この働きが妨げられると、体の内部の温度が上がります。

まず、環境の影響です。

気温の上昇に加え、直射日光や道路の照り返しといった熱が強いなどで、

外気と体の内部の温度差が少なくなったり、湿度が高い、風がないなどで

汗が蒸発しにくくなったりすると、熱を排出しにくくなります。

脱水症状も原因の一つです

体内の水分が減り、脱水症状を起こすと汗をかけなくなって、

体の内部の温度が下がらなくなります。

また、血液量も減り、血管から熱を排出する事も出来なくなります。

さらに、血流不足の状態では心臓の働きが低下し、

全身の血液循環も悪くなります。

こうした状態にともなって、熱中症の症状が現れます。


熱中症の症状

症状はさまざまですが、

初期症状は、脳を含む内臓の血流低下が原因です。

末梢血管に血液が集まり、脳に十分な血液が届かないと、めまいなどが起こります。

筋肉がつるのは、筋肉組織での血流低下が原因です。

発汗により、筋肉の情報伝達の役割を担う

ナトリウム(塩分)が不足する事も関係します。

重い症状は、脳を含む内臓の血流低下に加え、

体の内部の温度が過度に上昇することで起こります。

温度の上昇に伴って臓器の機能が低下し、

頭痛、吐き気、だるさなどが生じます。

さらに、体の内部の温度が40℃以上になると、

意識障害、けいれんなどの重篤な症状が現れます。

熱中症の予防と応急処置の方法 も参考に!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする