犬や猫の熱中症対策や注意点と対処法

シェアする

スポンサーリンク

太陽

犬や猫は汗腺が足の裏の肉球など限られた部位にしかないので、

人間のように全身で汗をかくことができないため、

熱が体にこもりやすくなっています。

ですので、飼い主の責任で出来る熱中症予防はしましょう。

犬の熱中症

犬や猫の熱中症対策!注意点と対処法

犬は人間と違って、全身に汗をかくことでの体温調整ができません。

呼吸によって熱を逃がして体温調整をします。

ハァッハァッ と呼吸してるのがそぉですね。

浅く速い呼吸を始めることをパンティングといって、

熱中症の初期の症状はこのパンティングがさらに速くなり、喘ぎながらヨダレを流し始めます。

特に子犬や老犬、療養中の犬、肥満の犬は熱中症になりやすい傾向にあります。

熱中症になると

呼び掛けに鈍くなったり、けいれんや嘔吐、下痢を起こす場合もあり、

脱水症状により血液が濃くなり、酸欠症状により舌の色が紫色になります。

猫の熱中症

猫

犬と比べれば発症の機会はまれですが、

酷い場合は呼吸困難やけいれんを引き起こし、命に関わる事もあります。

猫は自分の体を舐めて体温を下げるという習慣を持っているため、

犬のように呼吸での体温調整はあまりしません。

猫がハァハァと呼吸している時は、

かなり深刻な状態である可能性が高いので注意しましょう。

猫は犬よりも暑さに強いと言われていますが、汗をかくことができないため、

閉め切った部屋で留守番をさせる事によって熱中症になることもあります。

症状が進むと犬のように口を開け、舌を出した激しい呼吸になり、

目や口の中の粘膜が充血し始め、体に触れると普段より明らかに熱いと感じます。

犬や猫の種類によっても違う

もちろん全ての犬種に注意が必要ですが、

大型犬種・短鼻犬種(パグ、フレンチ・ブルドック、ボストン・テリア、シーズーなど)には更に注意が必要です。

鼻が低い犬は鼻から喉への空気の通り道が狭い上に、

熱気を直に体内に吸いこみやすいので、他の犬よりもちょっとした事で熱中症になりがちです。

セントバーナード、シベリアンハスキーのような北方出身で毛が多い犬種は熱中症を起こしやすいです。

猫もペルシャ、エキゾチックショートヘア、スコティッシュフォールドなどの鼻が低い品種が熱中症を起こしやすいです。

見落としがちな注意点

車中での留守番は、窓を少し開けておいたので

気温がそれほど高くなかったので大丈夫だと思っても、車内は予想以上に高温になります。

散歩中、ちょっとだけと愛犬を待たせておくと、

あまり熱くない日でも、実は地面の温度は気温よりも10度も高いんです

たった数分間でも体に熱がこもり、とっても危険です。

散歩は夏場は早朝か深夜など、必ず涼しい時間帯を選びましょう。

夜でも地面に熱気が残っていることもあるので、

犬は直接その上を歩くのだということを忘れずに、

アスファルトなど触ってみて温度を確認しましょう。

猫は犬に比べてあまり水を飲まないので、猫が水に興味を持つような工夫をしましょう。

容器の中に氷を入れて興味をひいてみたり、

水飲み容器を複数の場所に置き、

猫が飲みたいと思った時にすぐ飲めるような環境を作ってあげるなどです。

ペットの熱中症での対策

お腹から冷やせるように、ひんやりするものを敷いておく。

今はたくさんペット用の冷却マットやアルミの板などが販売されているので、

ペットにあったものを選びましょう。
猫の場合は、棚の上など猫がよくのぼる場所においてあげると良いです。

毛の多い犬や猫は、ブラッシングでアンダーコートを取り除き、通気性をよくしてあげましょう。

夏場、留守番させるときには、風通しをよくしたり冷房をつけるなど、

室温が上がらないような工夫をし、いつでも水が飲めるように用意しておきましょう。

キャリーやカートの中に入れる時は通気性を良くし、

中に布に包んだ保冷剤を入れたり、アイスジェルマットを敷いてあげましょう。

自動車で出かける時には車内で留守番をさせない。

やむを得ない時には必ず日の当たらない場所に駐車して、冷房を効かせた状態にしておく。

もし、熱中症の症状がみられたら、水をかけたり冷風にあてたり、

水でぬらしたタオルをかけるなどして、体温を下げるようにして、

同時に必ず動物病院に連絡して症状を伝え、連れて行った方がよいか、

様子を見ておけばいいのか指示を受けましょう。

水が飲めるようであれば飲ませてあげましょう。

ぐったりして飲めない場合は無理に飲ませず、

むせないよう布やコットンに含ませた水で舌を湿らす程度にしてあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする