【必見】バーベキュー楽しみ方の極意!初心者でも楽しめる法則!

シェアする

スポンサーリンク

BBQ楽しみ方の極意!初心者でも楽しめる法則

バーベキュー初心者でも楽しめるBBQの楽しみ方

BBQの極意5選を紹介します。



ちょっとした準備と演出がバーベキューでは大事

バーベキューはエンターテイメントなので、

友達や家族と一緒に過ごすアウトドアでの楽しいひと時を120%楽しむために、

料理のライブ感を意識しましょう。

バーベキュー場についてすぐに始める、

15分ほどの火おこしの時間も無駄にはしません。

炭に火がつく前に、

トルティーヤチップスを木の器(木を使った食器やカッティングボードに食材を盛ると雰囲気がかなりでます)に盛り、

アボカドとレモン、タマネギなどをミックスしたディップソース「ワカモレ」を添えます。

みんなお腹が空いているので、こういうちょっとしたつまみが演出になり、

これから始まるバーベキューのワクワク&ドキドキ感を盛り上げます。

火がついてからは、肉を切る&焼く前にカッティングボードの上に乗せてみんなに披露し、

これから食べる肉への期待感を高めます。

また、ソルト&ペッパーはあえてミル付きを持ち込み、

全員の注目が集まる中でライブ的にけづります。

ささいな事ですが、ちょっとしたパフォーマンスを挟むことで、

いつものバーベキューが何十倍も楽しくなります。

一緒に行く人たちが喜ぶようなエンターテイメント感。

それを少し意識するだけで、楽しいBBQな1日を過ごせます。

炭おこしは“ピラミッド”がセオリー

BBQの極意その1

第一関門、炭おこしの苦手意識を払拭しよう。

コツは、着火剤の周りを囲むようにして、炭をピラミッド形に立てるだけ。

あとは着火剤に火をつけて15分ほど触らずに見守るだけです。

詳しくはコチラ、バーベキュー炭の種類と火の起こし方

ライブ感を演出して皆で盛り上がろう!

BBQの極意その2

レストランと違い、すべて自分たちで行うバーベキューならではの演出をプラスするのがオススメ。

たとえば、

肉や魚は焼く前の状態を見せ、こんな大きい肉(魚)を焼くぞっ!とみんなに披露します。

たったそれだけの演出で気分が盛り上がります!

バーベキュー奉行はNG

BBQの極意その3

誰もが平等に楽しくがモットー

どんな食材を焼いたり調理したりしてもNGがないのがバーベキューの魅力。

メニューや焼く順番などを決めて仕切るのではなく、

みんなと相談しながら楽しくワイワイやりましょう。

野外ならではの料理にチャレンジ

BBQの極意その4

せっかくのアウトドア調理です。

家では絶対やらないような、豪快メニューに挑戦するのもオツな楽しみ方のひとつです。

肉を丸ごと焼くのも良し!魚を1匹調理しても良し!

ダイナミックさを意識したレシピにチャレンジしましょう!

後片付けまでがバーベキュー!

BBQの極意その5

面倒だと思いがちな後片付けですが、それもバーベキューの一環です。

ゴミ袋はあらかじめ分別して設置する、使った食器はその都度洗っておくなど、

後片付けを手際よく済ませるための段取りを話し合っておきましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする