イタリア旅行の初心者が気をつけたい習慣や常識

シェアする

スポンサーリンク

cinq-terre-3040141_640

国が違えば習慣も常識も違います。

日本の常識がイタリアの非常識かも知れません。

他にも、イタリア旅行の注意点やマナーなど豆知識の完全ガイド!!

マナーや基本情報を把握しておくと良いかもしれません。



イタリア旅行での知っておきたい習慣や常識

【ショッピングに出掛けたらお店が閉まっていた、何で?】

最近はだいぶ休みが減ったように感じますが、1年中お店が開いていて、

ちょっと歩けば自動販売機があり、道路の向こう側にはコンビニがある。

という便利な生活に慣れている日本人にとって休みが多いイタリアはやはり不便です。

日本人のように、交代で休みをとる、という感覚はあまりありません。

今ではノンストップ営業のお店も増えてきましたが、

昼休みはお店自体を閉めてしまうところが大半です。

大抵は13:00〜15:00前後ですが

遅い店は16:00まで昼休みのところもあります。

日曜日は休みというのはもちろん、月曜日の午前中も休みは珍しくありません。

お店の入口に営業時間(ORARIO)と書いてありますが、とりあえず参加程度に。

(というのは店員の言う営業時間と表示は異なるところも数件あり、

その上、夏と冬の区別もあります)

ちなみにお店の閉まる時間は店員の帰宅する時間です。

ゆとりをもってショッピングを楽しみましょう。

【シャワーカーテンのないバスルーム、どうやって使うの?】

クラシックなホテルのバスルームで時々、シャワーカーテンのないところがあります。

肩までゆったり浸かってお湯を使うの日本人にはシャワーカーテンが必要ですか、

イタリア人は水道代と電気代を節約します。

と言うのも、イタリアでは水道代などが高いのです。

イタリア人は朝に簡単にシャワーに浴びる人が多いそうです。

トイレに行ったのかな、と思うと実はシャワーを済ませていた、

というほど早いらしいです。

そして床はほとんど濡れていないといいます。

日本人グループに慣れているホテルは、日本人のお風呂の習慣をよく分かっているようですが

日本人タイムになるとお湯が水になる、という事もたまにあるそうです。

こんな時は、いくらクレームをつけてもムリですので、

じっと待つか時間を変えるか(朝とか)工夫をするしかありません。

【エレベーター1階でおりたらフロントの上だった】

ヨーロッパではよくあることです。

イタリアではフロントの階は0またはTとなります。

Tはイタリア語のテッラ(地面)というところからきています。

だから2階の部屋だから階段で行こうとすると、

それは日本式の3階にあたるので注意が必要です。

【テレホンカードを買って日本に電話、でも通じない】

イタリアのテレホンカードは左上の点線部分を切り離してから使います。

電話ボックスの下を見ると三角の切れ端が。

電話のかけ方は日本と同じです。

【メトロの回数券を買ったら6枚しかくれなかった】

ミラノでカルネという回数券を買ったらところ何故か6枚。11回分使えるはずなのに。

これは表裏と両面使えるのでカルネを買ったら捨てないように。

乗り方は東京に比べればかなりシンプル。

ただ、ラッシュ時間帯は混雑するので避けた方が良いでしょう。

【コンビニはない】

コンビニ、自動販売機に慣れている日本人にとって、これはとても不便です。

郊外の大型スーパーなら日曜日でも開いているところがありますが、

日本のように、あちこちにある訳ではありません。

街の中にはちょっとした食料品を扱っているお店があるので、

そこで水や食べ物を買うようにしましょう。

【タバッキを使いこなそう】

直訳すれば「タバコ屋さん」ですが、タバコだけを売っている訳ではありません。

タバコ以外に切手やテレホンカード、バスのチケットなどなど、町の便利屋さんです。


イタリア旅行での知っておきたい習慣や常識まとめ

日本とは違う習慣や常識に初めは戸惑う事もあると思いますが

上記の事を頭に入れておくと、いざという時に対応できるでしょう。

他にも、イタリア旅行の注意点やマナーなど豆知識の完全ガイド!! でマナーや基本情報を把握しておくと良いかもしれません。

こちらの記事もどうぞっ♪
スポンサーリンク

シェアする

フォローする