年末年始の大掃除のコツと方法

シェアする

スポンサーリンク

年末年始 大掃除 コツ 方法
年末までにしておきたい大掃除のコツを紹介します。

ただし、全てを参考にし全てをちゃんと取り組もうとすると、

めんどくさくなってヤル気がなくなってしまっては元も子もないので、

「あっ、この方法いいな。やってみよう。」「この方法は別にやらなくてもいいかな。」

程度の気持ちで参考にしていただければとおもいます。

年末年始の大掃除のコツと方法

【寒さが本格的になる前に早めに計画する】

なるべく暖かい11月からはじめて、約1ヶ月。

12月の半ばには終了したいところです。

そして、しっかりと「掃除する箇所リスト」を作って、

順番にミッションをこなすようにするとやる気も続きます。

また、主に使用する箇所や掃除が大変な場所はできるだけ早く取りかかり、

やる気があるうちに、体力があるうちに行う事をオススメします。

不要なカレンダーなどにやることリストを書き出すと頭でも整理でき順調に進みます。

【必要な道具はあらかじめ用意を】

大掃除を始める前に、必要な道具はあらかじめ用意をしておきましょう。

これは時間の無駄を防ぎます。

いざ大掃除を始める時に、あれがない。これがない。

となるとスムーズに事が進まず、やる気も下がってしまう事になりかねません。

大掃除の原動力はほぼ「やる気」といってもいいでしょう。

なぜなら、別に大掃除をしなくてもいつもの毎日は変わらないし、特に支障もありませんからね。

ですので、道具はあらかじめ準備しスムーズな作業ができる体制を整えましょう。

【最初は高い箇所から、徐々に低い箇所へ】

目の付きやすい低い箇所から掃除を始めがちですが、

そうしてしまうといざ高い箇所の掃除を始め終わった時に舞ったホコリや大きなゴミが低い箇所に落ちて

また同じ箇所を掃除しなければいけません。

オススメは、クーラーの上とか電気のかさ、カーテンレールや本棚の上など

この時、下に落ちるホコリはあまり気にせず、

とりあえず上部を綺麗にし、後で下におちたホコリなどを掃除機で処理しましょう。


【まずはドアや窓から一番遠い奥から手前へ】

奥から始め、外の方へ進めていきます。

そうするとホコリが外へ外へと追い出されますので効率的に掃除が進みます。

これも上から下へと同じくらい基本の1つです。

【屋外の掃除は寒くなる前に済ませましょう】

寒くなってからの屋外の掃除は、体力的にも消耗が屋内よりも厳しいです。

更に水を使用する場合は気持ち的にもキツくなります。

ですので窓やベランダなどはなるべく早めに済ませましょう。

10月~11月頃に始めても良いのではと思います。

12月は個人的に寒いので避けたいところです。

【トイレやお風呂など、狭い場所から始める】

これはなぜかというと、やる気の問題です。

すぐに終わる狭い箇所からすることによって、達成感が生まれヤル気が続くからです。

なので特に絶対という訳ではありません。

掃除嫌いの方にオススメの方法かなと思います。

【なるべく時間の余裕をもって始める】

午後から始めるよりも昼前から、もしくは朝から始めましょう。

もし掃除が思うように進まなかった場合、午後からだと暗くなり始め、

掃除が中途半端になりかねません。

その日の掃除はその日のうちに終わらす為にも午前から始めましょう。

【思い切って使わないものは処分する気持ちを】

よく言われているのは「一年間使わなかった衣類は捨てましょう」

衣類だけに限られた訳ではないですが、

だいたい一年使わなければ次の年も使わない可能性が高いです。

なので、いらないものは処分してしまいましょう。

とはいいつつも迷う時もあると思います。

その時は簡易な箱などを作って、

そこに入れておき来年まで使用しなければ今度こそ処分しましょう。

どうしても処分に抵抗があり「もったいない」と思ってしまうなら「処分」という考え方を変え、

「リサイクルショップへ売りに行く」という方法でも良いと思います。

衣類、雑貨、家電、家具など、こんなモノでも売れるの!?

という事がかなり多いので「一年間使わなかったモノ」が「すぐに使えるお金」に変わると思うと

以外にどんどん処分できたりします。

おわりに

掃除が好きだったり得意な方は自然と上記の事が出来ていたりしますが、

掃除が苦手な方ですと、なかなか上記の事を意識しなければ非効率な動きになります。

そうなると、掃除が進まない⇒ヤル気がなくなる⇒中途半端で作業終了。

と悪循環になる前にコツを理解し、スムーズに進めていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする