バーベキューでのグリル徹底活用の方法

シェアする

スポンサーリンク

バーベキューでのグリル徹底活用の方法

鉄板や網で焼くのはまだまだ序の口。

それだけではもったいないです。

フライパンや鍋など、

いつもの道具をグリルにのせて使うことをオススメします。

スープや揚げ物など気の利いた料理が作れしまいます。

フライパンを使う

鉄板があれば十分だと思うかもしれませんが、

フライパンがあるとなにかと便利です。

鉄板よりも手早く炒められるし、

アサリのワイン蒸しのように汁気があるものも炒めやすいです。

パスタのソースも絡められるし、

パエリヤやトルティージャなどの豪快な料理も作れます。

汚れなどを気にしなければ、自宅で使っているものでもOKです。

火力が足りなければ炭の上に直接置いてもいいでしょう。

鍋を使う

十分な火力を確保できるようであれば、

鍋もグリルに乗せてみよう。

肌寒い季節にはスープ、小腹がすいた時には手軽に出来るカレーなど、

シチュエーションに応じて活躍してくれます。

ちなみに、あらかじめ鍋の外側にクレンザーを塗っておくと、

それがコーティングしてくれるおかげでススを簡単に洗い流すことができます。

アルミホイルを使う

定番といえるほどバーベキューで活用されているが、

あらためてオススメしたいのがアルミホイルです。

フタのかわりにしたり、食材を包んで焼いたり、使い方はアイデア次第です。

ホイル焼きをすればキノコや魚の風味をいっそう際立たせてくれる。

キャベツやカボチャもアルミホイルで包めば、丸ごと焼けてしまいます。

包む場合は破れてしまうこともあるので二重にしましょう。

コッヘルを使う

鍋のなかでも、とくに便利なのがコッヘルやシュラカップといった

アウトドア用の携帯鍋です。

ソースや少人数分のスープを作るときに活躍するが、

ぜひ試してほしいのが油を使った料理です。

小さめのコッヘルやシュラカップなら

アヒージョなどの油で煮る料理、深めのコッヘルなら串揚げを作れます。

いろいろなサイズのものが市販されているので、

用途に応じて使い分けましょう 。

その他のBBQ記事
スポンサーリンク

シェアする

フォローする