バーベキュー火起こし方法と炭の置き方

シェアする

スポンサーリンク

バーベキュー火起こし方法と炭の置き方

バーベキューでの、簡単な

火のお越し方炭の置き方を紹介します。

バーベキューで欠かせない火の管理。

ここでは、失敗しない火のお越し方と、

料理がグッと美味しくなる火加減の基本を紹介します。

火を起こす前に

やけどには要注意です。

手袋(できれば皮手袋)は必ず着用し、

子供は必要以上に近づかないように気をつけましょう。

着火剤のオススメは固形タイプです。

ジェル状を使用する場合は継ぎ足さないように。

引火しやすい衣服(フリースなどの合成繊維など)は避けましょう。

炭の後片付けもしっかりと行い。

火消し壺があれば利用し、

なければ水を張った大きなバケツに一つひとつ入れるなどして鎮火すること。

使用後の炭は再利用するか、燃えるゴミとして処理しましょう。

火のお越し方①グリルで火起こしする方法

1、丸めた新聞紙の上に着火剤を置く

securedownload[1]

新聞紙は小さく丸めます。

丸めずに着火すると、

一瞬で燃えてしまい種火になりにくいうえ、風に飛ばされやすくなります。

2、炭をのせる

securedownload[2]

すべての炭に火がつき、風のとおりをよくするために、

できるだけ高く積み上げるのがポイントです。

3、ライターで新聞紙に火をつける

securedownload[5]

火をつけるのは新聞紙です。

できればノズルの長いライターを用意しましょう。

4、うちわであおぐ

securedownload[3]

火が着火剤から炭に移ったら、うちわで扇いで風を通します。

炭から炎が上がったらひと安心です。

火のお越し方② チムニースターターで火起こしする方法

まず、チムニースターターとは

空気の流れを利用して効率よく炭に火を付ける器具の事です。

これがあると簡単に火起こしができます。

1、スターターを安全な場所に設置する

グリルの上などの平らな場所に置くのが基本です。

2、新聞紙→割り箸→木炭の順で積み上げる

割り箸の代わりに、着火剤や段ボールの切れ端などを利用するのも良いです。

3、ライターで新聞紙に火を付ける

securedownload[4] (2)

グリルの場合と同じで、火をつけるのは新聞紙です。

ノズルの長いライターを用意しましょう。

あとは、自然に炭に着火します。

炭の置き方

炭にきちんと火がつくと、やがて白くなってきます。

これがベストの状態で「おき火」と言います。

この「おき火」をグリルにまんべんなく並べるのが基本で、

その状態で調理しましょう。

炭が燃え尽きてきたら、新しい炭を小さめに砕いて上にのせると、

新しい炭にも自然に火がつきます。

火加減

火加減は炭を重ねる量を変えることによって調整でき、

火力を強くしたければ炭を重ねて2層にし、

反対に火力を弱くするなら炭の量を減らしましょう。

また、炭の置き方の基本はまんべんなく並べる事ですが、

作る料理によっては炭を置かない「保温ゾーン」を設けると便利です。

保温ゾーンは文字どおり、

焼き上がった肉や野菜などの食材を保温するゾーンで、焦げる事を防ぎます。

securedownload[4]

グリルの1/3程度を目安に、料理に応じて広さを調整すると良いです。

その他のBBQ記事
スポンサーリンク

シェアする

フォローする