バーベキュー炭の種類と火の起こし方

シェアする

スポンサーリンク

バーベキュー炭の種類と火の起こし方

BBQ初心者にとって、最初に大きな難問となるのが火の起こし方。

コツさえ分かれば難しくはありません。

バーベキュー炭の種類と火の起こし方

1、着火材を囲むように炭を組む。

(着火材を中心に置き、炭で周りを囲みます。まだ着火材に火はつけません。)

4

2、着火材を囲んだ炭の上に、さらに炭を積むイメージ。

(煙突のように炭を積み上げます。)

3

3、着火材に火をつける。

2

4、煙突状に組み、上昇気流を利用すると火がおきやすい。

1

空気が通るスペースを作るのがポイント

火おこしが苦手な人にありがちな間違いが、無造作に炭を積み上げてしまうこと。

燃焼する為には空気が必要なので、空気の通り道がないと何度つけても火は消えてしまいます。

スペースが潰れないよう、ある程度隙間をあけて炭を組むように心がけましょう。

しっかり火がついたら、上に新しい炭を足していきます。

ポイント!

火つきのいい植物を覚えておこう

着火材を忘れてしまったら、代わりのものを探そう。
新聞や枯れ葉はすぐに燃え尽きて、風で舞い上がるので火おこしには向きません。

油分が含まれていて良く燃え、火持ちもいいマツボックリやスギの葉がオススメです。

炭の種類と特徴を把握しておこう

●黒炭

BBQにはコレがベスト!

火力が安定し、火持ちもいい。
BBQにはベストです。
少し値段は張りますが、美味しいBBQの為にここは抑えたいところ。

●オガ炭

火つきは抜群。

おがくずを圧縮成形したもの。
真ん中の空洞部分に空気が流れるので、火つきがよく、ビギナーでも扱いやすいタイプ。

●マメ炭

火持ちとコスパがいい。

コスパも安く、長時間燃焼する成形タイプ。
ものにもよるが、ニオイと炭が出てしまうことが決定。
BBQにはあまりオススメできません。

●白炭(備長炭)

高級なのには理由あり。

燃焼時間が長く、火も安定しやすい。
遠赤外線効果で肉が美味しく焼けるが、火つけが難しいので、BBQ向けとは言えない。

●マングローブ炭

もっとも手に入りやすい。

夏ならコンビニでも手に入る手軽さがメリット。
燃焼時間と火力にバラつきがある。
煙も多いので、食材にニオイが移ってしまいます。

●薪

BBQには不向き。

ある程度燃え切って火が落ち着かないと、肉などは焼き始められない。

BBQに大きな薪は不要です。

夜の焚き火用に使うならありです。

炭の配置で火の強弱を作ろう

火がついたら板状に炭を積んでみよう。

こうすることで、強火と弱火のエリアが出来ます。

全体に均一に広げてしまうと、食材がコゲそうな時に逃がせる場所がどこにもなくなってしまいます。

厚めの肉を焼くときは、とくに弱火エリアが重要になってくるので、

焼き始める前に忘れずにやっておきたい作業です。

この技をマスターするだけで、一気にBBQ通っぽくなります。

その他のBBQ記事
スポンサーリンク

シェアする

フォローする