ダイエットで簡単に痩せるには味覚がポイント!

シェアする

スポンサーリンク

ダイエットで簡単に痩せるには味覚がポイント!

オススメするのは「味覚を変える」ダイエット。

そもそも食べ過ぎてしまうのは、美味しい物に快感を覚え、もっと食べたくなるから。

じゃあ、美味しく感じる物を太らない食べ物に変えたらいいのでは?

というダイエット法です。

ピックアップ記事♪

脳が美味しいと感じる味にはケーキやハンバーガーなどの「アッパー系」と、

煮干しや貝類などの「ダウナー系」の2種類があり、太っている人は大抵、アッパー系の味が好きなのです。

アッパー系は、味つけが濃い高カロリーの食べ物で、脳が興奮して食べれば食べるほど欲しくなるのが特徴。

そしてダウナー系は、素材の旨味が感じられる食べ物で、脳の興奮を抑え、深い充実感が得られます。

だからダウナー系の味を美味しいと感じるように味覚を変えれば、

食べ過ぎなくなり、日常生活で少し動く程度で自然に痩せるはずなんです。

でも味覚は簡単に変わるの?

と思うかもしれませんが、

朝晩の食事をダウナー系に変えるだけ

(難しい人は食事の最後に味噌汁を飲むだけでもOK)

これで、早い人で2〜3日、多くの人は1〜2週間で変わり、ダイエット効果も出ます。

甘いものに目がない人は、さっそく試してみましょう!

アッパー系

脳が興奮して食べても食べても欲しくなる。

「脂」「糖」「塩」から成る高カロリーのもの。

ハンバーガー、ポテト、ケーキ、フライドチキンなど。

ダウナー系

脳の興奮を抑えて深い充実感を与える。

昆布、煮干し、かつお節、貝類、野菜がその代表。

料理では出汁を使った和食や煮込み料理など。

味覚太りチェック

□お菓子は1度に1箱食べるタイプ

□満腹でも食べる事がある

□甘いものは別腹

□濃い味付けが好き

□ファーストフードが大好き

項目に当てはまる数が多いほど、味覚が原因でムダ肉がついている可能性大!

下の方法で、味覚を変えてみましょう!

痩せる味覚の変え方

早ければ2〜3日で変わります!


旨味のあるものを食事の最後に食べる

毎食、食事の最後に出汁の効いたものを食べましょう。

簡単なのは、味噌汁やお吸い物などの汁物でシメること。

脳が満足する為、お腹がいっぱいなのにもっと食べたいと思う事はなくなります

味噌汁が作れない日はコレ!

【昆布茶】

ダウナー系の料理を作ったり、毎食みそ汁を飲むのが難しければ、食後に昆布茶を飲んでもOK。

昆布茶は乾燥昆布を細かく刻んだものや粉末状など、いろんな種類があります。

なるべく砂糖や化学調味料など、余計なものが入っていない製品を選びましょう。

香りと食感を積極的に楽しんで食べる

これもすると、更にグッド!

五感を使って食べましょう。

鼻から息を吸い、しっかり呼吸しながら食べると香りを感じやすく。

いろどりが豊かで、やわらかいものと硬いものなど、

色々な食感を楽しめる料理なら、食べ応えがアップして満足感も上がります。

そこで、味覚を変える時のダウナー系料理としてオススメの料理が

【ラタトゥイユ!】

トマト、玉ねぎ、ナス、パプリカ、ズッキーニなど旬の野菜をオリーブオイルで炒め、塩だけで味付けします。

ニンニクや好みのハーブを加えてもグッド!

それぞれ異なった野菜の旨味、食感、香り、色を楽しめて「旨味」に敏感に。

薄味を心がけて時間をかけて食べる

アッパー系の味に慣れている人は、濃い味つけを好む傾向に。

少しずつでいいので、いつもより料理の味つけを薄くし、ゆっくり時間をかけて食べてましょう。

徐々に外食の味つけが濃く感じ、高カロリーなものが食べたくなくなります。

少しの運動も加えて、更に痩せる

日常の中でちょこちょこ動きましょう。

味覚を変えるのと同時に、日中の活動量を増やしましょう。

ただし、無理に好きでもない運動を始めると、脳は不快を感じ、ダイエットを挫折してしまう可能性もあります。

痩せる目的では新しいことを始めず、今の習慣の中で体を動かす機会を増やしましょう。

例えば、週1回の布団干しを毎日にする。

車で買い物に行ったら、あえて少し遠い

場所に駐車して歩く。

歯磨きしながらつま先立ちする。

などで工夫しましょう。

ピックアップ記事♪
スポンサーリンク

シェアする

フォローする