ダイエットの方法は快食のやり方と考え方の食事法にあり!

シェアする

スポンサーリンク

ダイエットの方法は「快食」にあり!快食のやり方と考え方

太る原因「食べ過ぎ」は、快楽の源である食欲を、ガマンで押さえ込む。のではなく

幸せに食べて満たすことで解決するべし!

おいしく食べて痩せる方法を紹介します。

食欲を正しく満たすことで正常な食欲に戻り、痩せる

人が太る根本的な原因は、脳が過剰なストレスを受けて不快になり、

疲弊することになります。

すると五感や精神、自律神経、ホルモン分泌に異常が起きて「無駄に食欲が出る」

「動きたくなくなる」「代謝が落ちる」など体に悪いことが次々に起こる。

その結果、肥満や病気になります。

脳の疲れを取る最も効果的な方法が、究極の快楽「食欲」を満たし、

脳を「快」状態にすること

だから、痩せるなら快食し、好きなものを幸せいっぱいに食べるんです。

でも、食欲のままに食べてしまったら、それこそ太ってしまうのでは?

と心配になりますが、

確かに、人によっては一時的に太ることがあります。

でも、続けるうちに途中から体重が減ることが実証されています。

太った野生動物がいないのは、本来の食欲以上に食べないからです。

人間も動物ですから、本能に従って食べ、眠ってストレスが取れれば

正常な食欲に戻るのです。

脳も体も、決してあなたを太らせようとは思っていません。

ストレスが一番の敵、快食前のキホン

【体重計にのらない】

体重計に乗って一喜一憂するのは、ストレスになるのでやめましょう。

減った体重を見て理性で「快」を感じるより、

体が軽くなった感覚に本能で「快」を感じる事が大切です。

【嫌いな運動はしなくていい】

「痩せる為に運動しないと!」は義務感があり脳を余計に疲れさせます。

運動が嫌いなら、むしろしない方がいい。

快食で脳が正常になれば、自然と体を動かしたくなります。

【食べること以外の「快」も増やす】

食事以外にも、好きなことをたくさんして「快」を得られる機会を増やしましょう。

楽しい事がいっぱいあればあるほど脳の疲れが取れ、ストレスがなくなります。

快食のやり方

これらが快食のやり方です。

理想的な体重に戻り、痩せていきましょう!

お腹が空いてから食べる

空腹だから食べる。

という本能に従う食べ方をしていれば、本来は太りません。

お腹があまり空いてないのに「人に誘われた」「時間だから」と食べるのはNGです。

朝食・昼食・夕食という概念は1度捨てて、空腹に従って。

夜遅い時間に食べてもOKです。


食べたいと思ったものを食べる

毎食何を食べるかは「健康に良い・悪い」「太る・太らない」は気にせず、

自分が「好きか嫌いか」「食べたいか食べたくないか」で決めましょう。

「快食」を続けて脳の疲れが取れれば、自然とあなたの健康にとって、

良いものが食べたくなります。

自分の味覚でおいしく食べる

食事は自分が美味しいと感じる味付けにして食べましょう。

自分の好みとは違う味の食事をムリに食べたり、好きな調味料を制限すると、

胃は満腹になっても、脳が満足しません。

脳疲労が取れると、自然と薄味が好みになっていきます。

リラックスして楽しく食べる

どんなに忙しくても、食事はリラックスして楽しむことを意識して。

ひとりの時も、食べる前に口角を上げてみて。

家族と食べる時は食べ過ぎと言われるとストレスになるので、

快食のことをあらかじめ話しておくのがオススメです。

お腹いっぱいになるまで食べる

腹八分目なんか考えず、お腹いっぱいに食べましょう!

食後は「美味しかった!」と声を出し、

満足感に浸りましょう。

食べたことに罪悪感を持つと逆に食欲は暴走します。

正しい食欲に戻れば、お腹が苦しくなる前に脳が満足するようになります。

デザートはお腹いっぱい食べた後に

食後は体に糖が吸収されにくいので、デザートも食べて問題なし!

デザートを食べるからといって決して食事量を減らさないこと。

また、間食に甘いものを食べたくなったら、

まず黒砂糖を食べると脳が落ち着きます。

それでも満足しなければ、リンゴやおにぎりなどを食べましょう!

食べてすぐ寝てもOK

食後に眠くなるのは脳が正常に働いてる証拠。

食後に寝るのは脳が最も「快」を感じることです。

食べて眠くなったらすぐ寝てしまいましょう!

太っても気にしない、長い目で見る

ストレスが強い場合、快食すると一時的に体重が増える事があります。

でも、気にせず続けて下さい。

ストレスが少しづつ取れ、脳と体の機能が正常になるに従って、

太りすぎの体重は必ず減り始めます。

こんな例も!

太ったのに大逆転!

テレビ番組で体験者3名が「快食」を1ヶ月間実施。

2名は期間中に体重が約3kg減ったが、1名は逆に2kg増加。

しかし、太った1名がその後も快食を続けたところ、半年後の計測で

10kg減っていた!

まとめ

ダイエットはムリせず自然体が一番です。

上記のことを参考に自分に合う方法を取り入れましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする