クリスマスの絵本オススメあらすじ紹介

シェアする

スポンサーリンク

a1150_001166
クリスマスに子供と楽しめる絵本を紹介します。

暖かい部屋でゆっくりと絵本を楽しみながら、

子供との時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

クリスマスにオススメの絵本

絵本は色んな種類がありますが、今回はクリスマスにオススメしたい絵本を紹介します。

季節物の絵本は、その季節に本来のパワーを発揮します。

クリスマス系の絵本は特に時期が限定的なので、その分クリスマス時期に読んであげると子供はワクワク喜んでくれるでしょう。

オススメ絵本のあらすじ

絵本の簡単なあらすじを紹介します。

どの絵本だと子供が喜んでくれるのかを考える一つの目安になればとおもいます。

【クリスマスのふしぎなはこ】

主人公は男の子です。

クリスマスの朝に床下で小さな箱を見つけ、開けてみるとサンタさんが見えました。

また箱の中を見ると、出発準備をするサンタさんの姿が見えました。

箱の中をのぞく度に、サンタさんは、移動しています。

森の中や、北の町を移動し、そしていよいよ男の子の町にやってきました。

男の子は急いで布団に入り目をつぶります。

朝、目が覚めると、枕元にプレゼントがおいてました。

クリスマスの一日が、男の子の生活と、不思議な箱の中で見えるサンタの姿を通して、ワクワクした気持ちにます。

実際に子供の頃は「今頃サンタさん何しているのかな」とか「本当にきてくれるのかな」という、

不安と期待の気持ちがありますが、それを表現したクリスマスに合う絵本です。

【サンタさんありがとう】

サンタさんは子供の手紙を読みます。

「いっしょに遊べて友だちになってくれるくまさんがほしい」

サンタさんは自分で作ったぬいぐるみのくまさんに言葉を教え、

くまさんも一生懸命言葉を覚えて、イブの日までサンタさんのお手伝いをします。

サンタさんになついたくまさんは「ここにいたい」とサンタさんに頼みますが……。

この本は美しい刺しゅうで描かれています。

ぜひ本屋さんで手に取って見て下さい。

【クリスマス・イヴのおはなし3冊セット】

「あっちゃんとゆびにんぎょう」、「100こめのクリスマスケーキ」、「サンタさんのいちにち」の3部作。

この3冊、同じ日の出来事を3人の違う視点で見れます。

子どもにとって、別の視点から同じ日の出来事を見るというのはとても難しいですが、

この3冊の絵本はとても自然なお話に仕上がっていて、

小さい子にもじゅうぶん楽しめます。

刺繍で描かれたミニサイズの絵本です。

【まりーちゃんのくりすます】

主人公はまりーちゃんです。

クリスマスが近づきテンションが上がるまりーちゃんは、羊のぱたぽんにクリスマスについて話します。

それは、イタズラなどせず、おりこうにしていれば暖炉の

そばに置いた木靴の中にサンタクロースがプレゼントを入れてくれること。

でも、靴をはかない羊のぱたぽんは、サンタクロースからプレゼントはもらえないと思います。

クリスマスの願いを嬉しそうに話すまりーちゃんと、靴をはかないからプレゼントがもらえない、と落ち込む羊のぱたぽん。

最後は温かな気持ちにさせられる、一冊です。

【よるくま クリスマスのまえのよる】

くまの子供「よるくま」は自分のお母さんを探しに男の子を訪ねたのでした。

男の子は一緒に、お母さんを探してあげます。

よるくまと男の子は、よるくまのお母さんを探し出すことができたのでしょうか。

子供が楽しめる仕掛け絵本です。

【まどからの おくりもの】

シンプルな仕掛けで、物の扱いが上手でない小さなお子さんでも大丈夫だと思います。

クリスマスの夜、サンタクロースはプレゼントを配りにやってきますが

色んな勘違いでプレゼントを置いていきます。

一軒目は、窓からネズミさんの顔を見て、「ながぐつ」を置きます。

二軒目は、窓からネコさんの顔を見て、「リボン」を置きます。

でも実は、ネコのイラストの入った服を着て寝ていたブタさんの家でした。

三軒目は、窓からシマウマさんの縞模様を見て、「シマシマのえりまき」を置きます。

でも実は、白い鳥が3羽。壁が黒なので、シマシマに見えていました。

四軒目は、窓から何も見えないので、誰もいないと思いプレゼントを置きませんでしたが、

でも実は、クマさんがいたけど、窓一面に体の茶色が写っていたので、誰も居ないように見えたのです。

五軒目は、窓からキツネさんの耳らしき三角を二つ見て、「とんがりぼうし」を置きますが、

でも実は、ワニさんの背中のギザギザでした。

六軒目は、窓からワニさんの白いギザギザの歯が見えたので、「服」を置きます。

でも実は、ウサギさんの耳が歯に見えていました。

七軒目は、窓から2人の男の子の顔を見て2人分のプレゼントを置きましたが、

でも実は、男の子と男の顔が描かれた風船だったのでした。

四軒目のプレゼントをもらえなかったクマさんには、2つプレゼントをもらった男の子が一つを渡し、何とか落ち着きました。

楽しく見れる絵本です。


【ぐりとぐらのおきゃくさま】

ぐりとぐらシリーズの1つです。

ぐりとぐらが森で大きな足跡を見つけます足跡をたどってみると、なんとぐりとぐらの家でした。

家の中には赤い大きな衣服がありましたが、その持ち主の姿が見当たりません。

すると台所からいいにおいがします。

なんとサンタさんがカステラを焼いてプレゼントしてくれました。

そのカステラのいいにおいをかぎつけた友達が大勢集まってきて、クリスマスパーティーがはじまるのでした。

【マドレーヌのクリスマス】

マドレーヌという女の子が主人公です。

クリスマスの前の晩、玄関をたたく音が・・・サンタさんかしら?

立っていたのはじゅうたん売りの商人でした。

寒さに震えた商人をマドレーヌは助けます。

マドレーヌに助けてもらったこの商人、実は魔術師だったのです。

文章も少なく、テンポもよいので小さなお子さんにもオススメです。

【おおきいツリー ちいさいツリー】

もうすぐクリスマスがやってきます。

主役はおうちに飾るクリスマスツリーです。

ウィロビーさんのお屋敷に、ツリーが届くのですがここから物語は始まります。

このツリー、大きすぎて先っぽを切られます。

切られた先っぽツリーは別の人の元へ、するとこの先っぽツリーの、先っぽも切られます。

今度は誰の元に?

1本の木が小さくなって人の手に渡って行きます。

そして色んなタイプのクリスマスツリーになります。

【メリークリスマス、ペネロペ!】

ペネロペシリーズです。

クリスマスのお祝いの準備をするペネロペ。

クリスマスはみんなで集まってパーティをします。

プレゼントをたくさんもらって嬉しい様子など、見ていて楽しくなるような驚くようなしかけがたくさんです。

【サンタのおまじない】

主人公の男の子がうちに届いた包みを開けると中には野菜が。

そこにサンタさんからのお手紙も入っていて、

野菜を手にとって「イチ・ニ・サンタ」とおまじないを言うようにと書いてました。

男の子はピーマンを手にとって「イチ・ニ・サンタ」と唱えると、

ピーマンがクリスマスツリーに変身してしまいます。

【ピヨピヨ メリークリスマス】

主人公はヒヨコです。待ちに待ったクリスマス。

「サンタさん、来てくれるかな」。

ひよこたちは、心配ですが「いい子のところにはちゃんときてくれる」と、お母さんは言います。

夜ご飯を食べ、お風呂もはいって、あとは寝るだけ

サンタは来てくれるかな。ドキドキしながら眠りにつきます。

【バスでおでかけ】

今日はバスで家族とお出掛けです。

その行き先は?

素敵な場所につれていってくれるらしいのですが、

でもバスが動物園や遊園地やデパートでとまってもお父さんはまったく降りようとしません。

一体どこへいくのかわかりませんが。

ラストにはあっと驚く素敵なしかけが入った絵本です。

絵がとっても細かく、絵をゆっくり見たい絵本です。最後のところも素敵です。

【さむがりやのサンタ】

漫画のような絵本です。

それくらいに細かくコマ割された絵を追って楽しむ絵本です。

サンタさんのキャラクター設定がとてもよく、人間味があり面白いです。

けっこうぶつぶつ文句を言いながら準備をしたり、

サンタだって冬は寒いものは寒いし、大人が見ても、楽しめる笑える絵本です。

【サンタクロースと小人たち】

人里はなれた村でサンタクロースが何百人もの小人やトナカイにかこまれて暮らしていました。

小人の仕事は世界中の子供へのプレゼントを用意することです。

サンタクロースは世界中から届く手紙に目を通し。

クリスマスイヴの日、プレゼントを届けます。

プレゼントを届け終えたらゆっくり休んでクリスマスの夜はサンタと小人たちでお祝いをします。

リアリティがあり大人も楽しめる絵本になってます。

まとめ

あらすじを参考に実際に書店などで絵本を手に取り内容を確認しながら

子供との絵本選びの時間も楽しくなるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする