アレルギー改善には発酵食品での免疫力アップがポイント!!

シェアする

スポンサーリンク

アレルギー改善には発酵食品での免疫力アップがポイント!!

7メートルにも及ぶ腸は、免疫のキーポイント!

腸内細菌のバランスを整え、腸の免疫力を高めてくれるのが、発酵食品です。

栄養があり、しかも美味しい発酵食品を積極的にとりましょう。

腸内細菌の仲間となる菌を腸に送り込んであげることも、免疫力の向上には重要です。

腸内細菌は仲間の菌が入ってくるとその因子に刺激されて活性化しますし、免疫細胞も動き出します。

細菌類をたっぷり含んだ発酵食品を毎日食べておくことは、

腸内細菌叢(そう)全体を動かし、免疫力を活性化するうえで大事なことです。

※腸内細菌叢(そう)とは

人間や動物の腸内で一定のバランスを保ちながら共存している多種多様な腸内細菌の集まり。
腸内フローラとも言う。

ヨーグルトや納豆などの発酵食品で腸内環境を整えると、リンパ球が増える

僕たち人間の免疫の原点となっているのが、腸です。

口から入ってくる食べ物には、多くの細菌がついていたり、

食べ物の消化・吸収の過程では毒素が生まれます。

そのため消化管には、多くの顆粒球やリンパ球が集まって、これに備えています。

消化・吸収だけでなく、

免疫面でも大切な腸をベストな状態に維持しておくことが、健康を守る重要なカギになります。

発酵食品は、乳酸菌や麹菌(こうじきん)、

酵母菌などの微生物の働きを利用して、糖などを分解させたものです。

大豆を発酵させた味噌や納豆をはじめ、乳製品のヨーグルトやチーズなどが代表的です。

これらの発酵食品には、腸内の細菌バランスを整える働きがあります

発酵することでアミノ酸などの旨味成分も加わり、

よりおいしく、より栄養価が高くなります。

さらに、味噌や醤油には、抗ガン作用があることも知られています。

発酵食品は、一石二鳥どころか三鳥も四鳥もある優秀な健康食です。

腸内の免疫力を高める発酵食品

・納豆

・かつお節

・ビール

・日本酒

・チーズ

・ヨーグルト

・酢

・醤油

・味噌

・甘酢

おすすめメニュー

・具だくさん味噌汁

優秀な発酵食品である味噌を使った味噌汁は、1日1回は摂りたい。

煮ることでかさが減るため、野菜やきのこ、海藻をたくさん摂れます。

・キムチ納豆

キムチには乳酸菌がたっぷり含まれています。

ごはんのお供になるほか、納豆に混ぜたり、炒め物に入れても◎です。

・黒酢ヨーグルト

黒酢は米酢などに比べて口当たりがまろやかなので、デザートにもおすすめ。

甘味が欲しいときは、はちみつや黒糖を少量加えても◎です


日本人には和食の発酵食品が良い!?

発酵食品にはいろいろとありますが、

日本人には日本古来からある発酵食品がもっとも体に合っています。

日本の食文化には、乳酸菌で発酵させた食品が多数あります。

日常的に食べている納豆や味噌や醤油などにも乳酸菌は含まれています。

ぬか漬けや、なれ寿司などの発酵食品にも豊富です。

日本食の発酵食品が優れているのは、第一に植物性の乳酸菌は胃酸に強いという点です。

ヨーグルトなどの動物性乳酸菌は胃酸に弱く、腸に届くまでに約9割が死んでしまいます。

それに対し、植物性の乳酸菌は生きて腸に届きやすいのです。

しっておこう♪

※乳酸菌は生きたまま腸に届かなくても、まったく効果がない訳ではありません。

乳酸菌飲料やヨーグルトの宣伝などでは、菌が生きて腸に届くことが強調されるものが多くあります。

しかし実際には、必ずしも生きて届く必要はありません。

乳酸菌が生きたまま腸に届いても、もともと腸内にすみ着いている細菌に、排除される可能性があります。

しかし、乳酸菌は死んでも栄養になります。

乳酸菌が分泌するさまざまな物質が、腸内細菌のエサになるのです。

たとえ生きていなくても、乳酸菌は健康の強い味方です。

第二に、日本古来の発酵食品に含まれている乳酸菌は、

私たちの腸にもともとすみついている乳酸菌と同じものが多い事です。

代々食べつがれてきた発酵食品には、僕たちが母親から受け継いだ乳酸菌がたっぷりと息づいています。

しかも、日本伝統の発酵食品には、1つの菌だけがいるのではなく、多種多様な菌が繁殖しています。

たとえば、僕たちの食卓に欠かせない納豆には、「土壌菌」に分類される、日和見菌の仲間がたくさんいます。

特にすごいのは、納豆菌です。

納豆菌は「枯草菌」という種類の仲間です。

枯草菌は固い殻に覆われているため胃酸に強く、生きて腸まで届きます。

そして腸に到着すると殻を破って、腸にすむ仲間を刺激して、おおいに活性化してくれます。

また、味噌にも発酵菌はたくさんすんでいます。

味噌と言えば麹菌(こうじきん)ですが、乳酸菌や酵母菌なども含まれます。

昔は「医者に金を払うより味噌屋に払え」といわれたほど、味噌は健康管理に大事な調味料として重宝されてきました。

味噌をつくる麹菌には、強力な抗酸化作用があることもわかっています。

広島の原爆被害者のうち、毎日味噌汁を飲んでいた人は健康被害が少なかったという統計もあるほどです。