ワキガ改善は食事で改善できる!?その方法とは?

シェアする

スポンサーリンク

ワキガとは?ワキガは食事で改善できる!

体臭があるというのは、想像以上に本人のストレスになります。

そのせいで人と上手にコミュニケーションがとれない場合もあるでしょう。

臭い消しのスプレーをすれば防げる程度の臭いではないこともあり、

わきがの発生源であるアポクリン汗腺の除去手術を深刻に検討している人もいるかもしれません。

ワキガとは?

脇汗を出す汗腺には2種類あり、ひとつはエクリン汗腺で、

エクリン汗腺から出る汗の99%は水分で、

残りの1%に塩分や尿素、アンモニアが含まれており、臭いはほとんどありません。

もう一方が、アポクリン汗腺です。

脇の下や陰部、耳の中、肛門など限られた部位に存在する汗腺です。

汗は白っぽい色で粘り気があるのが特徴で、

タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれています。

これらの成分皮膚表面に存在する常在菌により分解される事で、

わきが特有の臭いが発生します。

病院では、程度が軽い場合は、デオドラント製品や脇毛の処理をすすめられます。

ただ、汗そのものの成分を変えることはできません。

重度のわきがになると、アポクリン汗腺を取り除く手術があります。

手術をすれば完治できると思っている人が多いようですが、実はそうとも言い切れません。

たとえば、「手術跡が残る」「アポクリン汗腺の取り残しがあって効果がない」

「脇毛が生えなくなる」「汗の量が増える」といった後遺症や別の悩みを生むこともあります。

「手術跡が残る」というのは、脇にメスを入れるので傷跡が残る可能性があります。

効果が少ないというのは、傷口が小さくてすむ吸引法では、

金属の管を皮膚の下に挿入し、盲目的に吸引するので、取り残しが発生しやすくなります。

効果が少なかった為に、手術を繰り返さなければならないという事も可能性としてはあります。

また、手術によってアポクリン汗腺だけを除去することは不可能ですから、脇毛の毛根も除去します。

ですので、脇毛は永久脱毛をしたような状態になります。

女性にとってはメリットですが、男性はデメリットに感じる人も多いのではないでしょうか。

「汗の量が増える」というのは、

一見、汗腺を除去するのに矛盾しているように思うかもしれませんが、

代償性発汗といって、他の部位から汗がたくさん出るような場合が希にあります。

わきがを食事で改善

わきがを含む体臭全般は、主に食事によって改善できます。

体臭の主な原因は、その代謝の過程の排泄物と、体内にある毒素のふたつの要素があります。

私たちの体に入った食べ物は、

消化器官(口、胃、腸)で消化・吸収され、血液循環を経て、肝臓に入ります。

そこでさらに代謝された後、次のような7つの組織が順を追って産出されます。

血漿(けっしょう)→血液→筋肉→脂肪→骨→骨髄と神経→精液と卵子

この7つの組織が産出されていくとき、

最後の精液と卵子が産出される時を除いて、それぞれに排泄物が生じます。

そして、汗は脂肪の排泄物なのです。

元をたどれば、食べたものが元になっているわけなので、

食生活をまずは徹底的に改めてみましょう。

排泄物の量も、食べた物の量に左右されます。

実は、汗の元となる脂肪は、

白砂糖の取り過ぎ、乳製品や揚げ物などの油の多い食事によって増えます。

また、白砂糖たっぷりのお菓子、

肉や魚、乳製品、揚げ物といった消化に重い食事というのは、

排泄物だけでなく、体内の毒素にもなりやすいものです。

つまり、わきがというのは、消化に重い食事を摂り続けた結果、代謝の際の排泄物と、

食事でできた毒素がダブルで増え、放つ臭いが悪化している状態なのです。

まず第一に、白砂糖をたくさん使った料理は控えましょう。

料理では、白砂糖の代わりにキビ砂糖をおすすめします。

そして、食事は必ずカップ1杯の白湯をお供に、

野菜中心の消化のしやすい食事を心がけましょう。

食事中の白湯は、カップ1杯の白湯に、

レモン半個の果汁を搾ったレモン白湯にすると、

より内蔵が活性化されて、毒素や脂肪が排出されやすくなります。

この食生活の改善は、わきがだけでなく、汗臭さや体臭全般にも対処できます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする