バナナの栄養成分で健康と美容効果をサポート

シェアする

スポンサーリンク

バナナの特に注目したい健康・栄養成分

バナナを食べ続ける事で、健康と美容に様々なメリットがあります。

そのメリットを支えているのが、バナナに含まれている栄養成分です。

バナナには私たちの体に欠かせない栄養素がふんだんに含有されているのです。

夜バナナの健康・美容効果をサポートする、バナナの栄養成分について紹介します!

特に注目したい健康・栄養成分

整腸作用を持つ「食物繊維・難消化性デンプン」

バナナに含まれる豊富な食物繊維は、便秘予防に加えてコレステロールの吸収を抑制する働きを担います。

また、胃や腸で分解されず大腸に届く「難消化性デンプン」も多く、

整腸効果により老廃物を排出し、腸内環境を整える働きもしてくれます。

骨粗しょう症予防に不可欠な「マグネシウム」

バナナは果物のなかでもマグネシウムの含有量が高い食物です。

マグネシウムはカルシウムとともに骨の形成を助けてくれるため、骨粗しょう症を予防する効果も期待できます。

抗酸化に働く「ポリフェノール」

強い抗酸化力を持つポリフェノールは、肌細胞を傷つけシミやしわの原因となる活性酸素と闘う栄養成分。

脂肪の吸収抑制、血圧低下作用、老化抑制、がん予防、

美容効果など、さまざまな作用が研究されています。

美容ビタミンとも呼ばれる「ビタミンB群」

不足すると皮膚炎や下痢を引き起こすナイアシンや肌荒れを防ぐ

ビタミンB2などの「ビタミンB群」は、別名「美容ビタミン」とも呼ばれます。

バナナは野菜・果物のなかでトップクラスの「ビタミンB群」を含み、

生で食べることで栄養素を損なわず摂取することが出来ます。

バナナには多彩な栄養素がたっぷり

バナナには筋肉のエネルギー源となる「必須アミノ酸」をはじめ、

カリウムやマグネシウムといったミネラル類、ビタミンB群やビタミンE、

葉酸や食物繊維など、体に必要な栄養成分が多様に含まれています。

これらの働きやその構造によって、バナナでは「運動時の効果的なエネルギー補給」が可能なほか、

ダイエット効果、免疫力や抗酸化力の向上、消化活性、

脳の活性化など、現代人に求められる様々な健康機能が期待できます。

また、エイジングケアや美容といったキーワードに関する栄養成分を網羅しているのもバナナの特徴です。

男性や乳幼児、妊婦にもバナナがオススメ

豊富な食物繊維で高い整腸作用を持ち、

美容ビタミンで美肌を作るバナナは、天然のサプリメントとも呼べる存在です。

消化に良いバナナは乳幼児の栄養補給にも最適です。

さらに、カロリーを抑えつつ必要なビタミンを摂取できるので、

妊娠中や授乳期の女性にもオススメできます。

美容意識の高い女性はもちろん、紫外線による光老化で皮膚がガサガサな男性も、

老若男女を問わずそれぞれの悩みに合わせて、バナナを積極的に取り入れましょう。

リラックス、安眠から代謝促進まで幅広い効果が

バナナには「癒しホルモン」と呼ばれるセロトニンを生産するトリプトファンが含まれ、

リラックスや睡眠の質を高める効果も期待できます。

夜バナナでは睡眠前の夜にバナナを食べることで、これらの効果も力を発揮してくれることでしょう。

もちろん、老廃物排出作用を持つカリウムの代謝促進効果や、

ビタミンB群や必須アミノ酸による脂肪燃焼効果によるダイエット効果、

減量による幅広い不調改善効果も見逃せません。

便秘なら「青め」胃潰瘍抑制は「茶色」バナナ

バナナは熟度によって含有する栄養成分に変化があり、その働きも変わってきます。

例えば、「食物繊維」とともに整腸に働く「難消化性デンプン」は、

バナナの熟度とともに分解されて「糖」へと変化します。

このため、便秘に悩み高い整腸作用を狙って「夜バナナ」を行うのであれば、

熟成が進んだものより、若い「緑バナナ」を使うのがオススメです。

さらに、胃潰瘍抑制に効く「リン脂質」は、

シュガースポット(バナナの皮に出た茶色の斑点)のある「茶色バナナ」に多く含まれています。

まとめ

いかがでしたか?

バナナを食べ続ける事で、健康と美容に大きなメリットがある事が分かったと思います。

バナナの健康・美容効果を得て、理想な体を手に入れましょう。

以下の記事も参考にどうぞっ!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする