カーテンの幅が余る場合はどうする?その方法とは!

シェアする

スポンサーリンク

カーテン

引っ越ししたときや、お部屋の模様替えのときでも一番に気になるのが、カーテンですよね。

カーテンがないと外から丸見えで落ち着きません。

いち早くカーテンの購入を考えたとき、どのようなことを考えるでしょうか?

柄はもちろんですが、大きさも考えなければなりませんよね。

カーテンには、標準サイズで売っている既製品のものとオーダーメイドのカーテンがあります。

オーダーメイドのカーテンは、サイズを測って注文するだけという簡単さですが、高価という欠点があります。

出来れば、安くすませるために、既製品のカーテンから選びたいですね。

カーテンの幅が長すぎて余るときは、両サイドを織り込んで縫って調節したり、

ひだを増やしたり、カーテンフックをかけるアジャスターを買い足すこともできます。

こちらでは、カーテンの標準サイズを学び、上手な使い方を紹介したいと思います。

カーテンの標準サイズ

カーテンの標準サイズは、ご存知ですか?窓ガラスの大きさは、以外とさまざまです。

その中でも一般的な窓に合わせたカーテンサイズが、4サイズあります。

メジャーなサイズとしては、

「小窓サイズ」幅100㎝×丈135㎝ 2枚組

「ベランダサイズ」幅100㎝×丈178㎝ 2枚組

「マンション用ベランダサイズ」幅100㎝×丈200㎝ 2枚組

「欄間付きサイズ」幅100㎝×丈220㎝ 2枚組

となり、4サイズです。

昔ながらの窓サイズに合わせて作られていることから、この4サイズで、昔ながらの大抵の窓には合うように作られています。

ですが、近年では、多種多様な窓サイズになってきており、

既製品で、カバーしきれない窓ガラスが、増えてきているのが現状です。

カーテンの幅が足りないので真ん中があいてしまう!

どうしても足りない!あと少し!というぐらいのときのことを考えてみましょう。

標準サイズでは、幅はどれも同じになっていて、幅を増やすには、もう1セット買うしか方法はありません。

それでは、幅が広すぎます。もったいないです。

幅の足りないカーテンのままでは、部屋の中が丸見えになってしまいます。

あと少しということでしたら、両サイドの折り込み部分(ドレープ部分)を解いてしまいましょう。

そうすれば、ものによりますが、1か所に付き4~5cm伸びます。

2枚のカーテンの両サイドを解くと16~20㎝伸びます。

さらに、それでも幅が足りないカーテンの場合、別の布をおしゃれにつぎ足しましょう。

両サイドにつぎ足したりして、もっとおしゃれに取り入れるというのも楽しいですね。

カーテンの幅が短い!ピンチをチャンスに変えるインテリアの工夫!

もっとカーテンの幅が、足りないときは、思い切ってカーテンのひだをバランスよく減らしてしまいましょう。

カーテンにもよりますが、1.5~2倍の幅に広がります。

といっても布を足したり、解いたりって結構、邪魔くさいですよね。

そういうときにおすすめのアイテムが、タペストリーです。

タペストリーとは、壁掛けなどに使われる室内用の織物の一種です。

風景や人物などの絵模様を織り出した綴れ織りしたものです。

タペストリーは、サイズもデザインも豊富です。

お部屋にあったサイズやデザインをさがすのも楽しいですね。

お好みのタペストリーを見つけて、カーテンのサイドに飾ると、お部屋がぐっとおしゃれになりますよ。

まとめ

カーテンの幅が足りないとき、余るとき、さまざまな場合があります。

毎日、目に付くカーテンですので、納得のいく取り付けが出来ると嬉しいです。

そのために、こちらの記事がちょっとでもヒントとなれば、と思います。

ぜひお好みのカーテンを選んで、快適なお部屋作りをしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする