ダイエットには夜バナナ健康法その効果とやり方

シェアする

スポンサーリンク

夜バナナ健康法でダイエット!その効果とやり方

健康法だったり美容法だったりには色々な方法がありますが、

健康にも美容にも適度なダイエットが大切になってきます。

でも、実は健康にも美容にも悪影響で、残念ながら良いダイエット方法ではないものも世の中にはあります。

次々に新しい方法が出てくる中で、

体への負担を抑えながら効果が期待できる方法に「夜バナナ健康法」があります。

この「夜バナナ健康法」は健康にも美容にも大きなメリットがあるのです。

バナナは食物繊維を豊富に含んでいて、整腸効果を持っています。

そしてさらに低カロリーでしっかりとした食べごたえもあり、

満足感も高く、ダイエットに最適の食べ物です。

そんなバナナの健康・美容効果を最大限に引き出す為の方法が、

晩ご飯の前にバナナを食べる事によって晩ご飯による摂取カロリーを抑えるというものです。

ダイエット法としても健康・美容法としても期待できるその実力を紹介していきます。

バナナの3つの特徴

食べて痩せる、ヘルシーダイエット

人気のダイエットに見られる手法は「糖質抜き」や「炭水化物抜き」など、

特定の栄養素を食事から抜くことで摂取カロリーを抑える方法が主です。

しかし、このような「○○抜き」のダイエット方法は、

実は危険でもあり健康と美容に悪影響を及ぼすリスクもあります。

その点、夜バナナは食べたいだけ食べてOKなヘルシーダイエットです。

身体に負担をかけずに無理なく痩せれる方法になります。

便秘改善でお腹もスッキリ

甘いバナナはカロリーは高い。

というイメージが強いのですが、

バナナ1本(約100g)のカロリーはだいたい86キロカロリーのみです。

ごはん茶碗1杯(150g)は252キロカロリー。

5枚切り食パン1枚(80g)は211キロカロリー。

これらと比べるとかなりの低カロリーです。

こんなに低カロリーなのにバナナの甘味と食べごたえは、

食べる人にかなりの満足感を与えてくれます。

空腹感に耐えてイライラしながらではなく、満腹感に満足しながら続けられます。

イライラせずにカロリーダウン

七訂日本食品標準成分表によるとバナナには可食部100gあたり1.1gと、

レタスと同等の食物繊維が含まれています。

これが、バナナの腹持ちの良さにつながるのです。

そして、食物繊維には糖質の消化速度を緩やかにしたり、

腸内の水分や内容物を吸収・吸着して排泄を促したりする働きがあるので、お腹もスッキリです。

さまざまな役割を担う食物繊維には水溶性と油溶性がありますが、

バナナにはどちらもバランスよく含まれているのも特徴です。

夜バナナ健康法の実践方法

夜バナナ健康法は簡単で、たった2ステップ、

バナナを食べて水分を摂取するだけで誰にでも出来ます。

面倒なカロリー計算やレコーディングも不要です。

さらに特定の食品を我慢する事も必要なしです。

夜バナナで必要なのは、夕食前にバナナを食べて、その後水分を摂取する事だけです。

夕食前にバナナを2本食べるだけ

朝よりも夜がオススメ!

手軽に始められるダイエット方法の1つとして「朝バナナダイエット」が知られていますが、

朝食にバナナを食べて摂取カロリーを抑え、

体重減少につなげようというダイエット方法です。

バナナに含まれる栄養素は朝食べても夜食べても変わりません。

でも、より効果的なバナナ摂取方法が夜バナナ健康法なのです。

夕食約30分前にバナナ2本を食べ、

そのあとにお湯や緑茶など約200ミリリットルの水分を取るという方法です。

バナナを食べた後には特に制限はなく、夕食には食べたいものを食べてOKです。

でも実際にバナナ2本を食べるとかなりの満腹感が得られます。

低カロリーなバナナでお腹を満足させてから夕食の食卓につく事で、

1日のストレスや疲れ、空腹感から夜に起こりがちな暴飲暴食を

防ぐことが「夜バナナ健康法」の基本的な考え方です。

【ポイント①】

ポイントは中サイズのバナナを1日2本が目安です。

気をつけたいのは、夕飯の一品やデザートとしてバナナを摂取するのではなく、

夕飯とは別に、夕飯前に食べるという点です。

仕事をしている人は、夜帰宅したらすぐに。

家で仕事をしている人は、夕飯の準備を始める前に。などと習慣づけると良いです。

また、店頭に並ぶバナナのサイズには多少の差はありますが、

可食部80~100gの平均的なサイズを選べば大丈夫です。

【ポイント②】

無糖でホットな飲み物が◎

バナナを2本食べ終わったら約200ミリリットルの白湯またはお湯をゆっくりと飲みます。

だいたいのカップや湯呑みは容量200ミリリットル程度ですので、

難しく考えずに、水分を1杯と覚えておきます。

水分を取ることが目的ですので、飲むものはお湯や緑茶、

紅茶にハーブティーなど何でも良いのですが、

余分なカロリー摂取を避けてカラダを温めるには無糖で温かい飲み物がベターです。

夜バナナで食べて痩せる

健康と美容にも効果大

流行している炭水化物ダイエットや置き換えダイエットとは違い、

特定の食品を制限したり、一定の栄養素を避けたりするといった事はありません。

マイナスではなくプラスの考え方で、他のダイエットや健康法にありがちな、

健康・美容への悪影響はまったくありません。

そして、バナナの持つ整腸作用や脂肪燃焼による効果も期待され

綺麗に健康に食べて痩せる事を実現できる画期的な健康法です。

まとめ

夜はバナナを2本食べて健康的で簡単なダイエットを目指しましょう!!

無理なく続けられるのが1番で、継続は力なりです。

その他の記事も参考にどうぞっ!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする