ライン返信の仕方テクニックを身につけよう!返信の仕方で相手は激変⁉

シェアする

スポンサーリンク

スマホ

ラインの返信をどのように送ろうかとても困った、という経験はありませんか?

ラインでは相手が直接見えませんから、相手の表情、声のイントネーションによって相手の気持ちを推し量ることなんてできません。

そのため返信の言葉が、あなたが本当に思っていることと違ったことが伝わる可能性が、実際に面と向かって話すときより大きくなってしまうのです。

ですから、ラインの返信は考えてしなければなりません。

それでは、ラインの返信テクニックを見ていきましょう。

まず、1つ目に注意することは、書いた文章が、誰が読んでも解釈が同じようになるように考えて書かないといけません。

読む人やその時の気持ち、その場面などで、代わる可能性のある文面やどちらでも取れるような文面は、避けた方がいいですね。

2つ目は、返信までの時間です。こちらもいろんな場面があるとは思いますが、基本的に送った人は、返信を待っています。

ですから理由がない場合は特になるべく早く返信しましょう。

すぐに返信できない場合は、“少し待って○○までに返事します“のような文面も送っておくといいですね。

3つ目は、返信の内容です。

内容によっては、ラインではなく、電話、もしくは直接会って話したほうが、話がスムーズにいくものが、あることも心のどこかに覚えておきましょう。

どの場合においても相手の気持ちを考えて書くことが、マナーです。マナーを守り、返信テクニックを身に付けてくださいね。

気になるラインの既読時間!既読になるタイミングと条件とは?

次に既読表示について説明したいと思います。

表示時間は、ラインが送信された時間が表示されます。

既読した時間ではありません。

既読表示は、相手がラインを表示すると既読と表示されます。

ですが、相手が読んでいるかどうかを確認することはできません。

表示しても読むことができる状況であるかは、送り側からは見えません。

ですので、わかりません。あくまで目安と思って認識しましょう。

ラインをなかなか返さない女性の心とは?既読無視⁉

既読無視ってしたことありますか?

するつもりがなくてもなってしまったことなども含め、経験があるのではないでしょうか?

既読無視・・・既読スルーとも呼ばれています。

どちらもなんかとてもイヤな言葉です。きっと事情があるのだと思います。

例えば、間が悪く、仕事で忙しい時間だったとか、考えている間に遅くなったとか、

寝てしまったとか、手が離せない状態だったとか、きっとみなさんもいろいろな状態が想像できると思います。

もしくは、本当にイヤだったのかもしれませんが・・・(笑)

もしくは、断る際にイヤで断っているのではないことを上手に書けずに悩んでいるかもしれません。

なので、こんなことで心をもやもやさせているのは、時間も気力・体力ももったいないです。

“どおぉーん”と、構えて待っていてくれる男性に女性は惹かれるものですよ。

まとめ

ラインとは、とても便利なツールです。

さまざまなスタンプ販売され、豊富で、使うことにより個性が発揮できるので、気持ちも簡単に伝えることもできます。

ラインはコミュニケーションを豊かにしてくれます。

ですが簡単がゆえにラインの利点・欠点ともに理解し、ラインを上手に使いたいですね。

上手に使えると、お互いの時間や生活を邪魔することなく快適で、便利な生活が送れるのではないでしょうか?

相手の気持ちを考えて書くということがトラブル回避となると思います。

返事が遅いと人は不安になったり、嫌悪感を抱いたりします。

なるべく既読無視しないで済むようにしたいですね。

最低限のマナーを守りラインを楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする