お小遣いの使い道で高校生と中学生の違いは?

シェアする

スポンサーリンク

貯金 金 コイン

皆さんはお子様にどれだけのお小遣いを渡しているでしょうか?

子供にどれだけのお小遣いを与えればいいのか、悩んでいるお母さんやお父さんは、いらっしゃると思います。

そんなときは、ほかの子供はいったいどれくらいのお小遣いをもらっているのか、それを参考にしてみるのもいいかもしれません。

それでは、年齢、学年別のお小遣いの相場についてみていきましょう。

☑中学生の子供

中学生のお小遣いは、どうでしょう?

親と別に、友達と出かけるなど、お小遣いを使う機会が増え、お小遣いの相場も上がるようです。

中学生のお小遣いの相場は1000円以上、3000円未満です。

お小遣いを1000円以上、3000円未満としている家庭は半分以上です。

ただし、スマホ代や昼食代などのお金は、お小遣いとは別に渡している家庭は多いです。

☑高校生の子供

高校生のお小遣いは、3000円以上、5000円未満、としている家庭が最も多いようです。

しかし、家庭によっては、携帯代金をお小遣いに含んでいる場合があります。

また、高校生からはアルバイトができるため、アルバイトをしている高校生には、お小遣いを渡していない場合もあります。

す。

お小遣いの使い道で中高生は何にお小遣いを使っている?

子供はお小遣いをどのように使っているのでしょうか?

ここでは、中高生に焦点を当ててみていきましょう。

中高生のお小遣いの使い道は、飲食代、交際費、娯楽品代が多いです。

ほかには、衣料品代、携帯電話代などがあります。

また、貯金と答えた中高生も多く、3割ほどの中高生がそう答えています。

お小遣い制の利点

お小遣い制をとらない家庭もあります。

例えば、必要に応じてもらう、ほしいものを親に説明してそのたびに買ってもらうなどです。

それでは、お小遣い制をとることによるメリットはいったい何でしょうか?

例えば、もらったお小遣いを月の始めに無計画に使ってしまうと、月末に困ってしまいます。

つまり、お金を計画立てて使うことを覚えることができます。

また、ほしいものが高額である場合、貯金しなければ買うことはできません。

ほしいもののために貯金する、ということ、さらにそれが本当に欲しいものなのか自分で考えられる、というメリットがあります。

お小遣いの使い道小学生の場合

おまけで小学生のお小遣いの使い道も紹介します

☑小学生未満のお子様

幼稚園に通うなど、小学生未満のお子様にお小遣いを与えている家庭はまれです。

親が子供に買って与える形がほとんどでしょう。

☑小学校低学年のお子様

1年生から3年生の子供のお小遣いはどうでしょうか。

小学校に入ると、金銭感覚を身に着けさせるためや、管理能力を養うために、といった意味を込めてお小遣いを与え始めるという家庭も増え始めます。

金額は、月額500円未満であることが多いです。

また、お小遣いを与えていないという家庭も3分の1くらいあり、必要な時に必要な分だけ与えるという家庭も、多いようです。

☑小学校高学年のお子様

4年生以上になると、500円以上1000円未満というのがお小遣いの相場です。

具体的には、アンケートにおいて500円以上1000円未満が約半分、500円未満が約2割となっています

まとめ

お子様にお小遣いをあたえることは、さまざまなメリットがありますが、どれくらいが適当なのか。

それは、さまざまな意見があると思います。

また、都会と田舎など、住んでいる場所や男女差によっても違うことでしょう。

しかし、悩んでいる場合は、お小遣いの平均、相場を参考にしてみるのもよいではないでしょうか。

また、お小遣いは与えるだけでなく、どのようなルールを設定するのかを決めるのも、親の務めです。

お小遣い制を通して、子供の金銭感覚を育てましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする