夫婦喧嘩ばかりの原因は何?夫婦喧嘩しないで済むコツは?

シェアする

スポンサーリンク

家 その他

夫婦喧嘩ってしたことありますか?

1つ屋根の下に一緒に住んでいるのですから、喧嘩したことない人の方が少ないですよね。

では、どんなときに喧嘩になりますか?

喧嘩の原因なんて、いつもほとんどがささいな事、

帰りが遅いとか、連絡がないとか、家のことを手伝ってくれないとか、

子供の面倒を見ないとか、もっとささいな事になると、返事をしないとか、

人の話を聞いてないとか、電気やテレビが付けっぱなしとか、

トイレのドアなど閉めてくれないなどなど・・・。

あげるといくらでも出てきそうですね。

そして、それぞれのタイミングによって、喧嘩になるときとならないときが、あるようにも感じます。

タイミングには、時間のタイミングと心のタイミングがあり、

例えば、タイミングの悪いときは、何を言っても喧嘩になりそうな空気になります。

喧嘩というのは、どちらかが、暇だから喧嘩になる。

もしくは、どちらかが、余裕がなくて喧嘩になる。といったように、偏りがあると喧嘩になる。

例えば、どっちもが暇で余裕があれば、お互いのことを尊重でき、助け合いができるのではないでしょうか。

その反対にどっちもが余裕がなく、忙しい毎日なら、喧嘩をする暇もなくなる。

どちらの方がいいのかは分かりませんが・・・。ですが、タイミングを合わせることも難しいですね。

それにタイミングを気にして生活もできません。さてさて、どうしたらよいでしょうか?

夫婦喧嘩の原因はささいな事がほとんど!?

例えば、旦那様はテレビに夢中。

「今度の週末どうしよか?」楽しみにしながら、話しかけます。

ですが、応答なし、もう一度フリますが、またしても聞いてないような返事が返ってきます。

そんなとき、イラっとして、テレビを消したことから、喧嘩が始まりました。

こんな場面が皆様の脳裏にも浮かびましたか?

きっと、お互いいろんな後悔が生まれたのではないでしょうか?

旦那様は、何をするんだ!!っていう気持ちとちゃんと話を聞いてあげればよかった。っていう後悔と。

奥様は、どうして聞いてくれないの!?っていう気持ちとテレビを消さず、後で聞いてねっと、言えなかったこと。

きっとお互い、こんな感じではないでしょうか?

必要以上に責め合ってしまわないように注意が必要ですね。

夫婦喧嘩をしないで済むコツは?

お互いの性格をよく知っているはずなので、

このくらいでやめておこうっていうさじ加減をお互いに知る必要があります。

よく知っているのに喧嘩してしまうって思っているかもしれませんが、

意外と相手のことを知っていなかったり、関心がなくなったりしている人もいるかもしれません。

小さな喧嘩(コミュニケーション)をしながらお互いの価値観や考え方、

子育て感など、その家庭独自のものを育てる努力ができたらいいですね。

そうすると、大きな喧嘩で長期化することなく、お互い分かり合えていけるように思います。

この努力を忘れたとき、大きな喧嘩となり、取り返しがつかないようなことにもなりかねません。

日々の努力が自然とできているとき、日々の幸せを生むような気がします。

まとめ

夫婦喧嘩とは、大きな喧嘩と小さな喧嘩(コミュニケーション)とあり、

小さな喧嘩(コミュニケーション)は、お互い理解し合うためには必要なものなのかもしれません。

“雨降って地固まる“ということわざが、あるぐらいですからね。

普段からコミュニケーションをとり、いいたいことが言える関係をつくり、

間違っていたら、直し直され、また、一緒に考え、そして前に進める夫婦となりたいですね。

お互いを理解しようとする日々の努力を忘れないようにしたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする