絵本の読み聞かせで効果的な方法とは!?

シェアする

スポンサーリンク

子供 本

皆さんは子どもの頃、お父さんやお母さんに絵本を読んでもらったことはありますか?

また、これから自分の子どもに読み聞かせたい人にとって、

どんな風に工夫するのが効果的かいくつかのポイントを踏まえて今から順番に見ていきましょう!

絵本の読み聞かせが子どもが喜ぶコツ教えます!

普段からあまり本を読まなくて、子どもに読み聞かせるのが苦手で困っているお母さん。

また、絵本に興味を示さない子どもに対してもそんなに難しく考えなくて大丈夫なので、

どうすれば楽しんでもらえるような読み聞かせができるのか、分かりやすく5つ別にまとめて見ました。

お母さんもこれなら出来る、と思えるかもしれません。

1.ゆっくりと子どものペースに合わせて読む

2.いろんな場面に合わせて少し声を変えてみる

3.想像力を育むためにあまり絵のない本を選ぶ

4.子どもがリラックスできる場所で読んであげる

5.表現をオーバーにさせすぎないように心がける

注目したいのが2と5なのですが、どちらもあくまで子どもの好奇心や想像力を大切にしたいので、

ほんの少し変化を加えるだけであとは子どもがどんな風に受け止めるか見守るくらいで大丈夫なんです。

あまりオーバーに読んでしまうとストーリーに集中できず、

内容が頭に入ってこないし結果的につまらないと感じるみたいですね。

3については私も子どもの頃そうだったのですが、絵本の中でも絵が少なめになっているものだと、

自分でどんな場面なのか想像しやすくて考える力がつきやすいと思います。

なので子どもの好みを把握して、そういった絵本を選んであげると良いかもしれません。

あとはリラックス出来るような時間帯や場所を選んであげることで、

絵本に興味がない子どもや読み聞かせが苦手なお母さんもゆっくり寛ぎながら一緒に楽しい時間を過ごせると思います。

ここで大切なのは、絵本が好きじゃなかったり気分じゃないときにむりやり読み聞かせをするのではなく、

あくまで子どもの気持ちを優先して「絵本を読んで」と持ってくるのを待ってあげることで親子の良いスキンシップにもなると思います。

それでは次に絵本が子どもに与える影響について見ていきたいと思います。

絵本が子供に与える影響は無限大!親子で楽しむ絵本を探そう

さて、絵本を読み聞かせることによって子どもに与えられる影響や効果についてですが、

これは子どもの性格や環境によって違うかもしれません。

ですが、その中でも共通して分かっているのが「自我の芽生え」や「感受性の発達」といった、

成長するうえで最も大切になってくる基盤が出来ることです。

この事から読み聞かせる絵本選びにも気を配ってみると、子どもの成長の変化が見られるかもしれません。

でも、まずはどんな絵本を探せば良いのかわかりませんよね?

そんな人にここでは親子で楽しめる絵本探しについて、見ていきたいと思います。

絵本なんてたくさんあってどれを選んで良いのかわからないお父さんお母さんも、焦らず選ぶときの重要点を考えてみましょう。

子どもにとって何が必要なのか、冒頭で言っていたことを参考に探してみると選びやすいかもしれません。

例えば、はじめは絵が多く字が少なめの方が子どもも飽きずに楽しめると思うのですが、

徐々に絵が少なめだったり字が多めのを選ぶと子どもの「考える力」が身につくかもしれませんね。

最近では字だけの絵本もあるくらいですから、需要があるんです。

私のおすすめは「どんなにきみがすきかあててごらん」という絵本で、

これはお互い相手をどれだけ好きか競う物語になっているのですが「気持ちの大切さ」を知るとても良い作品なんです。

内容はとてもシンプルなのに大人も心が温まるストーリーなので、

読み聞かせの時は親子そろって楽しむことが出来て絵本が大好きになるかもしれません。

また「はじめてのおつかい」もおすすめで、これは誰もが通るお母さんからのお使いをお願いされる絵本なのですが、

素朴で優しいタッチの絵で描かれているので子どもも見やすく、

同時に「自分もおつかいに行ってみたい」と子ども心を刺激しそうですね。

様々な絵本がある中で、やっぱりどれを選んで良いのか分からないお父さんお母さんは、ぜひこの記事を参考に選んでみてください。

読み聞かせを一緒に楽しむことで親子の絆が深まったり、これから成長する子どもの手助けになるかもしれません。

これから子どもに絵本を読んであげたいと考えている人も、

子どもがなかなか絵本に興味を持ってくれないと困ってる人も、まずは子どもの視点で考えてみましょう。

おわりに

いかがだったでしょうか?

今回は読み聞かせのコツと親子で楽しめる絵本探しについて、いろいろとご紹介させていただきました。

もっと詳しく知りたかったり、子どもと一緒に絵本選びがしたい人は、図書館に行ってみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする