お盆にお墓参りはなぜあるの?お彼岸との違いは?

シェアする

スポンサーリンク

お盆

「お盆」という期間、皆さんにとってどのようなものでしょうか。

ほとんどの人にとっては連休ですし、夏祭りに行く!とか、毎年実家に帰ってゆっくりするよ!なんて答えも多いかもしれませんね。

京都の大文字焼きや徳島の阿波踊りといった行事も催されています。

しかし、お墓参りに行く、というのも、定番の行事です。

帰省した時に行こうと計画している人も多いでしょう。

それでは、なぜ、お盆にお墓参りに行くのでしょうか。

お子様に質問されたとき、答えにつまってしまうのでは?

この記事では、そんな意外と知らない「お盆」についての謎をお答えします♪

お盆とは?

では、「お盆」というのは一体どのようなものなのでしょうか?

「お盆」はサンスクリット語のお経、「盂蘭盆経(うらんぼんきょう)」が日本に伝わり、

それが日本に古来からあった、初秋の満月の日にご先祖様が私たちのもとに訪れるという言い伝えと融合しました。

それが「お盆」へと変化したと考えられています。

つまり、「お盆」はご先祖様が浄土から地上へと戻ってくる時期なのです。

これがお盆にお墓参りへと行く意味でしょう。

また、迎え火、送り火を焚くのは、行き来するご先祖様への道しるべとしての意味があります。

先ほど挙げた京都の大文字焼きも、送り火のひとつです。

そして、ご先祖様が地上と浄土を行き来する際の乗り物が、精霊馬(しょうりょうま)です。

きゅうりやなすなどの夏野菜で作った馬や牛を仏壇にお供えします。

馬で急いで帰ってきてもらい、牛でゆっくりと、たくさんのお供え物をもって浄土にお戻りいただくという気持ちが込められています。

お盆とお彼岸の違い

ところで、お墓参りにはお彼岸も行くのだけれど、お盆とお彼岸ってなにが違うの?

その説明には少しだけお彼岸の由来についても触れなければなりません。

極楽浄土は真西の方角にあり、お彼岸の春分の日、秋分の日には真西に太陽が沈みます。

そのためこれらの日は、極楽浄土が私たちの住む場所と最も近くなると考えられました。

ご先祖様との距離が最も短くなるので、お彼岸にもお墓参りに行くのです。

ということは、お盆はご先祖様が私たちのもとへと訪れる日、お彼岸は私たちがご先祖様のもとを訪ねる日、と言い換えられそうです。

お盆にご先祖様が帰って来るってどういうこと?

お盆にご先祖様が帰って来るってどういうこと?と子供に聞かれた時、大人はなんと答えたらよいのでしょうか?

お盆には、ご先祖様が帰って来ると代々伝え聞いて育ったから、当たり前のように感じる人も多いかと思います。

ご先祖様をお迎えする親の元に兄弟、親戚が集まり、ご先祖様、

故人のことを思い出す機会、そして、いつまでも見守っていて下さるということを再認識する場なのかもしれません。

お盆のお墓参りのお供え物は何のため?

お墓参りにはお供え物が必要ですよね。

皆さんはお墓参りにはどのようなお供え物を持っていきますか?

お花や線香、和菓子や果物などが定番でしょうか。

お酒など、故人の生前好きだったものをお供えする人も多いでしょう。

しかし、なぜお供え物をするのでしょうか。

すぐに持って帰るのに、なぜ必要なのだろう?なんて思ったことがあるかもしれませんね。

実は、その答えは、地域や宗派によってまちまちのようです。

しかし、そのすべてはご先祖様への感謝や尊敬の気持ち表す行為だと説明されます。

ご先祖様がいなければあなたは存在していなかったことになるので、自分の命への感謝にもつながります。

そのような想いを込めて、お供えしましょう。

まとめ

これで、「お盆」について質問されても答えられそうですね!

お盆は、ご先祖様が浄土から地上へと戻ってくる時期、お彼岸とは違って、

ご先祖様が私たちのもとを訪ねてくれる日だということがわかりました。

そして、お供え物は心を込めて。

この記事で紹介した内容を、ぜひお子様とお話ししながらお墓参りへ行ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする