汗の臭いの成分はアンモニアが原因?

シェアする

スポンサーリンク

人

汗をかいた後に、

「私って、もしかして臭いかも!」

と誰だって思うはずです。

いや自分では分からなくても、

周りの人に臭いって思われていないかなと心配になってしまいます。

その汗臭い原因がなぜだか分かりました。

ツンとした匂いにはアンモニアが含まれているのです!

しかし汗の臭いにも個人差がありますし、

臭いと感じる度合いにもそれぞれ違いがあります。

汗の量が異常に多いのは病気なのでは

と心配している方もいるようですね。

では、汗の量と病気には関連があるのかも調べてみましょう!

汗の臭いの原因成分アンモニア

仕事でちょっとしたミスをしてしまった時など、

ぶわっと汗が吹き出してきて、自分でも汗くさいなと感じる時があります。

身体から熱を発している感覚もあるので、冷や汗ではありませんね。

それから暑い屋外から帰ってきて、

涼しいはずのオフィスに座ってみるとひたいから、

耳の横や後ろからと汗が流れてきているのを感じます。

そんな時も自分の汗くささを感じているので、

これは周りからもくさい!って思われていないかなと不安になります。

調べてみると汗はもともとは無臭なのです。

毛穴から出てきた汗や、皮ふなどをエサとして雑菌が発生したときに

くさい匂いとなるそうです。

すっぱい汗くささとは皮脂やアカをもとにして細菌が作り出した雑菌なのです。

確かにお風呂あがりのきれいな体から吹き出る汗はくさくありませんものね。

ではツンとした臭さは発生のもとが違ってきます。

こちらは皮ふの表面でおこっていることではなく、

体内からでるアンモニアが原因なのです。

「疲労臭」という言葉をご存知ですか?

この疲労臭の原因はアンモニアなのです。

タンパク質を分解するときに発生するのがアンモニアですが、

普通なら体内にとどまることなく肝臓で分解されます。

しかし疲労がたまってしまって肝臓がうまく働いてくれなくなると、

アンモニアの分解力が弱まってしまいます。

そうなると体内のアンモニアが血液で運ばれて、

毛穴から出る汗や皮脂に含まれてしまうのです。

こちらがまさしく疲れがたまった時に発生する疲労臭なのです。

疲れがたまってしまって、お風呂にのんびり入る時間もない!

なんて時に発生しやすい疲労臭です。

忙しくてもお風呂に入る時間を作って、

リラックスついでに身体を清潔にしましょうね!

汗をかく量が異常に多い場合は病気の可能性も?

みなさんはどんな時に汗の量が増えますか?

私は暑い時はもちろん、焦った時などにどばっと出ています。

周りに人がいるオフィスでは、

「どうしよう。私の汗ってくさいって思われてないかな」

なんて考えるとなおさら汗が吹き出してきてしまいます。

汗の量が異常に多い場合はどんなことがあるかを調べてみました。

私の場合は40代中盤にさしかかるので、更年期障害が引っかかりました。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少によっての変化。

自律神経が不安定になりいろんな更年期障害としての症状が出ますが、

そのひとつに多汗症がありました。

汗の量が異常ではないか?と思った時に、

女性ならば更年期障害ではないかと疑ってみてください。

まだまだだと思っていても、症状をみてみると当てはまるところがありますよ。

それにお医者様の意見ですと、

汗が多くて日常生活に困っている場合は内科や皮膚科の受診を勧めていました。

もし更年期障害での症状であれば、

エストロゲンを補充するホルモン治療があるので改善できる希望があります。

多汗症が病気に関わっていないとしても、

生活を快適にするためには治療した方が良いですよね。

まとめ

汗の臭いの原因が分かれば対処法もあります。

くさいのではないかな〜なんて悩んでいるだけでは始まりませんもの。

疲労臭が出るくらいに疲れていたら、

やはりリラックスできる時間が欲しいですね。

あのツンとしたにおいの元はアンモニアだと分かりましたからね。

調べてわかったことは多汗症という病気としての治療法もあるそうですよ。

密かに悩んでいる方は、病院を受診されることを検討してみて下さい。

生活を豊かにしたいですからね!

汗に悩まされたくありません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする