あせものかゆみは冷やすとやわらぐ?薬いらずの方法とは

シェアする

スポンサーリンク

赤ちゃん 人

子供ってよく汗をかきますよね〜

思いっきり遊んで、楽しそうに汗をかいている姿は

見ていてるこちらも楽しくなってきますが、

そのままにするとあせもになってしまいます。

子供はかゆいかゆい!って

あせもをかきむしってしまいます。

親としてはなんとかしてやめさせたいですね。

あせもの治し方でおすすめな方法をご紹介します。

かゆみが引けばかきむしることもなくなり、

皮ふがただれることもなくなるので安心です。

まずはかきむしってひどくなる前に、

お薬が必要になる前の軽いあせもの時になんとかしてあげたいですね!

あせもに効果的なローションがあります。

それにかゆみには冷やしてあげるのも効果的ですよ。

これから詳しくご紹介していきますので、

ぜひ皆さんも見てみて下さい。

冷やす方法とは?

軽いあせもなら薬は使わなくても気をつけてあげれば、

かきむしることもなくなおってくれます。

まずは汗をかいた後は、早めに拭いてあげてそのままにはしない。

汗をなるべくかかないように室温調整や、

体を締め付けない服にしてあげて、熱がこもらないようにします。

それから水浴びもかねてプールに入れてあげるのも良いですね。

ちょっと冷ためのお水ででぴちゃぴちゃできると、

暑い時期は気持ちいいですよね!

それに冷たい水で遊んでいるとかゆいのも忘れてしまいます。

プールに入れると身体全部を冷やしてあげられるので、

遊びがてらに良いのですが

無理ならば部分的に冷やしてあげるだけでもかゆみがすっと引いてきます。

タオルを冷たい水でひやしひじの内側とか、

首の後ろなんて特にあせもでかゆがるところに置いてあげるだけでひや〜っとしますからね。

お風呂に入るときは、ぬるめの温度にしてあげましょう。

身体が温まるとかゆみが増してしまって、

せっかく良くなってもかきむしっちゃうなんてことも。

お肌が清潔になったら、ローションをぬって保湿してあげるのを忘れないでくださいね〜

あせものかゆみは止められる?おすすめのローション3選

暑い季節には汗をかくのは当たり前のこと!

なので子供には積極的にお外で遊んで楽しんで欲しいと思います。

汗をそのままにしているとついついあせもができてしまいますが、

あせもを気にしていつもエアコンのきいた涼しい屋内で

じっとしていることなんてできませんよね〜

子どもにとっては汗をかくことも大事なこと!

汗をかいた後は、ふき取ってあげるとあせもの予防にもなります。

できればシャワーで汗を流してあげられるともっと効果的です。

それからローションで肌を保湿してあげることも

あせもの予防になりますよ。

夏はクリームをつけるとベタベタして嫌がるかもしれませんが、

お肌が乾燥しているとあせもになりやすいのです。

ローションならベタベタせずにすっとつけられるので良いですよ!

まずは子どもの肌にすっとのびるおすすめローションです。

あせもの予防としても夏場はお風呂上がりにつけてあげたいですね。

ピジョン 薬用ローション(ももの葉)

桃の葉エキスはむかしから肌トラブルに効くと重宝されていたので、

現在でもいろんなメーカーから桃の葉ローションが販売されていますね。

あせも治療としてなつかしい!って方もいるかな〜

ピジョン 薬用ローション アロエ 無添加

アロエもむかしからのお肌に良いとされる植物です。

とろっとした感触が好きな方も多いようです。

あせも対策としても日焼けあとの保湿としても使えますね!

軽いあせもから、すすんでしまってかゆがっているなら

そのかゆみを止めてあげられるものが良いですね。

おすすめはこれです。

メンソレータムAPソフト ローション

「かきむしる前に。つらいかゆみをしっかり鎮める」

とパッケージに書いてある通り、つらいかゆみの強い味方です。

乳液タイプとありますが伸びが良いのでローションみたいに使用できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これからの季節はあっという間に暑くなってきて、

あせもが増えてしまいますね。

子供にとっては汗いっぱいでも気にせず遊ぶ夏ですが、

あせもがかゆくて楽しくない思い出は作ってほしくないですものね!

まずはお肌を清潔にしておいて、保湿をしてあせも予防してあげてくださいね。

あせものかゆみはローションでも止められるし、

冷やすことでも軽くなりますからね。

楽しく暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする