どんどん増える赤ちゃんのおもちゃをキレイに収納する方法は?

シェアする

スポンサーリンク

飛行機

赤ちゃんが産まれると、どんどん増えるのがおもちゃ。

夫婦で相談して買ったものや、いただいたもの、

友達からのお下がりなど、とにかくおもちゃがたくさん家にある!

という人は多いと思います。

もうしまう場所がない!と悩んでも捨てるわけにはいかないですよね。

子供って、忘れた頃に昔のおもちゃを欲しがることもあるので

捨てたなんてことが分かるとギャン泣き状態に…。

そこでオススメしたいのが収納方法の工夫。

赤ちゃんのおもちゃは少しの工夫できれいに収納できるようになるんです。

今回紹介する方法はどれも簡単で、お金もあまりかからないものばかり。

不器用なわたしでもできるものばかり集めてみたので、ぜひ参考にしてください!

先輩ママオススメの赤ちゃんおもちゃ収納人気5選!

カラーボックスでかわいく収納

ぬいぐるみを蓋つきボックスにしまうと

綿がへたって取り出したときに残念な見た目になっていた…

なんてこともあるはず。

せっかく子供が大事にしているぬいぐるみ、

できれば状態良く収納したいですよね。

そんなときはカラーボックスにぬいぐるみを入れて収納していきましょう。

カラーボックスだと蓋がないので

ぬいぐるみが押しつぶされる心配はありません。

見せる収納として見た目にもかわいくできるんですよ。

カラーボックスにはたくさんの色があるので、

子供の好きな色を選んでもらうとお片付けもはかどるようになりますよ。

ハンモックでおしゃれに収納

子供にせがまれて、ハンモックを買ったことのある人も多いはず。

最初は楽しそうに遊んでいたのに

いつの間にか飽きて部屋の隅に置き去りになりがちですよね。

そんな時はそのハンモックを収納道具として使いましょう。

子供のおもちゃやぬいぐるみをハンモックにかけて収納するんです。

この方法にすることで、ぬいぐるみ達がハンモックで遊んでいるように見えてすごくおしゃれ。

子供もすごく喜びますよ。

ママ友を呼んだときでも、隠すことなくそのままインテリアのような扱いにしておけます。

ラべリングで分かりやすく収納

兄弟姉妹がいる赤ちゃんだと、どれが誰のおもちゃか分からなくなりますよね。

いつの間にかぐちゃぐちゃに混ざってしまい、

それが元で兄弟げんか勃発なんてことになったら大変です。

そこでオススメなのがラべリング。

ホワイトボックスや透明ボックスにラベル付けをして

誰のおもちゃか分かるようにしておくのです。

箱が外せるものだと、片付けのときもしまいやすいので便利ですよ。

簡単DIYで赤ちゃんのおもちゃ収納!木製棚も

すのこを使って超簡単収納棚

不器用なわたしでも15分程度でできた超簡単収納棚。

すのことカゴを組み合わせてすぐ作れました。

すのこを2枚を縦にして、真ん中部分の突起しているところに板を置きます。

その板にランチョンマットを巻き、そこにカゴを置いたら出来上がり。

ランチョンマットはカゴの滑り止めになるので巻いた方がいいですよ。

カゴは100均でカラフルなものを揃えるとよりかわいくなります。

木製棚を工夫すると収納ボックスに

木製棚、そのまま縦に使うと倒れてきて危ない…と思いますよね。

実はこの木製棚もちょっとした工夫でおもちゃ収納ボックスになるんです。

その作り方は簡単。

棚を寝かせて、そこに蓋を取り付けるだけなんです。

蓋はホームセンターなどに売っているので、

サイズを測ってから見に行くようにしましょう。

こうすることで、蓋を閉じれば机代わりになるし、

開けたら仕切りつきの収納ボックスになります。

子供が机で絵を描くと汚れて困っている…

というママにも便利なボックスですよね。

まとめ

いかがでしたか。

赤ちゃんのおもちゃの収納術、どれも簡単ですぐにできるものばかりだったと思います。

わたしが一番気に入ったのは、すのこを使った収納方法。

友達を家に招いたときにも、すごく感心されたので嬉しかったです。

おもちゃで足の踏み場もない…という状態でも、

少しの工夫で随分すっきりするものです。

ママも赤ちゃんも楽しくなるように、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする