あくびの声が気持ち悪い!改善できるの?

シェアする

スポンサーリンク

動物 ネコ

あくびをするときに出てしまう声。

ついつい「ふぁぁぁ~~。」と大あくびをしてしまうんですよね。

そんな時、近くで家族に聞かれていて注意を受けたことのある人も多いはず。

決してわざとやっているわけではないから許して!

と言いたいところですが、あのあくび声を嫌う人はけっこういるみたいです。

自分がいつの間にか人を不快にさせていた…なんてことのないように、

あくびの時の気持ち悪い声は改善していきたいですよね。

また、実は病気のせいであくびがたくさん出ていた!

ということもあるので注意が必要です。

ここでは、その気になるあくびについて解説!

気持ち悪いあくびに悩んでいる方必見ですよ!

改善策とは?

鼻呼吸を意識する

あくびが止まらない!この気持ち悪い声を出すのをやめたい!

そう思ったときは、とにかく鼻呼吸に意識を向けてください。

鼻から深く息を吸って、口から吐くということを頭がスッキリするまで繰り返してください。

こうすることであくびの原因となる酸素不足を和らげることができます。

また、口を閉じてこの呼吸法をすることでついつい出てしまう声を防ぐことができますよ。

簡単にすぐできるのでお試しください。

栄養状態を見直す

あくびが最近止まらない…気持ち悪いあくびを一刻も早く止めたい!

というときは、一度自分の栄養状態を見直してみましょう。

特に重要なのは鉄分

鉄分の中にあるヘモグロビンは酸素を体に送ることに欠かせないんです。

コンビニ弁当やカップ麺続きで、

最近栄養が偏りがち…という人はレバーやほうれん草、

鉄分強化食品などを積極的に取ってみてください。

また、コーヒーや栄養ドリンク、

緑茶などの摂り過ぎはカフェイン過多となって鉄分の吸収を妨げることも。

眠気を覚ますために最近カフェインを摂り過ぎているという人は

一度ノンカフェインドリンクに変更してみるといいでしょう。

ストレスを改善する

怒りや不安などにより脳内が興奮状態になると、

脳を落ち着かせようとしてあくびがたくさん出ることがあります。

過度なストレスがあくびに関係しているなんて思いもしないでしょうが、体は些細なことでも反応するもの。

最近ゆっくり休めていないな…というときは一度自分の好きなことをしてみたり、

没頭できることを見つけてみたりしてストレス発散を心がけてみてください。

あくびで声をだしてしまう理由とは?病気の可能性もある?

リラックス状態だから

あくびが出るのは、主にリラックス状態だから。

あくびを出すときって大きな口を開けますよね。

その時は喉の中が丸見えになっているってご存知でしたか。

喉といえば急所の部分であるもの。

そんな急所を見せられるほどリラックスしている状態ということなんです。

だから、あくびを思わず「ふぁ~ぁ~。」と出してしまったときは、

自分は今リラックスしてるんだなぁと思ってください。

特に家に帰ったときや、仲のいい人といるときはこの声出しあくびをやってしまうみたいですよ。

生あくびには要注意

あくびで思わず出してしまう声。

実はそこには病気のサインが隠れているかもしれません。

特に多いのが「睡眠障害」です。

夜間の寝付きが悪く、充分に休息がとれていないことからあくびが止まらなくなるのです。

また、自分ではぐっすり眠れているつもりでも、

あくびが止まらないのであれば「睡眠時無呼吸症候群」の可能性が。

肥満によって喉周りに脂肪がついている人や、寝る前に飲酒をする人、

扁桃腺が腫れやすい人にこの傾向があるので、

呼吸が止まっていないか一緒に寝ている人に確認してみてください。

大きな病院だと睡眠外来というものがあるので一度相談してみるといいと思います。

また、あくびの中には脳梗塞のサインになっているものも。

脳に向かう血管が詰まることから酸素や栄養が不足してあくびが出やすくなるのです。

もし、あくびに加えてろれつが回らなくなるとか、

しびれやめまいなどが発生する症状があるようならすぐに病院に行くようにしてください。

まとめ

いかがでしたか。

気持ち悪いあくび、どうしてもやめたいというときは出来ることから始めて改善していってくださいね。

少し意識するだけでも随分変わるものだと思います。

もし何をやっても改善しないという場合は病気を疑うべき。

体からの重要なサインを逃がさないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする