あくびの声が気持ち悪い!?あくびで声をだしてしまう人の意外な訳とは!?

シェアする

スポンサーリンク

動物 ライオン

「ふぁ~あ~。」

あくびの時に出てしまうマヌケな声。

わたし、ついつい出しちゃうんだよねという人もいれば、

隣であのあくびの声を聞くとイラッとするという人もいると思います。

特に身近な人の中で、あくびのとき声を出す人がいると

「それウザいからやめてよ!」

と言いたくなってしまうことも。

ではどうしてあくびをするときに声が出てしまうのでしょうか?

気持ち悪い声出してる!と思ったその裏には、ちゃんとした理由があるのかもしれません。

イライラを減らすべく、ぜひその理由に注目してみましょう。

あくびで声を出す心理とは?実は相手に対してリラックスした状態だった!?

大きな口を開けて、「ふぁ~。」とあくびをされる。

これってどういう状態か考えたことありますか?

あくびをするとき鏡を見ているとよく分かるのですが、大あくび中に喉の中は丸見え。

喉というと、急所としても狙われるところであるため緊張状態で相手にさらすことはなかなかできません。

つまり、声を出して大あくびをするということは超リラックス状態。

あなたに対して敵対意識をまったく持っていないという表れなのです。

だから、身近にいる家族や恋人であると余計に声を出した大あくびをしがち。

イラッとすることがあるでしょうが、

自分といることに対してリラックスしている証拠だと思えばいら立ちも押さえられそうですよね。

特に日頃仕事で忙しかったり、

緊張状態が続いていたりする人だと気が抜けてついつい大あくびをしがちに。

せっかくのリラックスモード、ゆっくりさせてあげましょうね。

あくびで声を出す理由にはこんなものも!?調べてみてわかった事

睡眠状態からの覚醒のため

朝起きたときに大きなあくびが癖になっている人もいるはず。

このように睡眠状態から覚醒に向かうときにあくびが出ることがあるんです。

「ふぁ~。」と伸びながら空気を取り込んであくびをすることで、脳内には覚醒脳波が出ます。

そのことで、頭がすっきりして一日の活動をしやすくなるのです。

ですから、あくびは我慢せずに出すことが大事。

眠い体を目覚めさせるためには必要不可欠なものなのです。

寝てはいけないと思うから

渋滞の中を運転中、ついつい大あくび。

退屈な会議の最中、どうしてもあくびが止まらなくなる。

こんな経験みなさんもあるのではないでしょうか。

寝てはだめだ!と思うときこそあくびが止まらなくなるんですよね。

その、「寝てはいけない」という思いこそがあくびを引き起こす要因。

あくびをすることで覚醒脳波を出して、なんとか起きて過ごそうとしているのです。

だから、あくびをするのは寝ようとしているからではなくて

今まさに起き続けようとしているからこそなんです。

デート中隣で恋人に「ふぁ~。」とあくびをされたらイラッとするかもしれませんが、

デート中起きようとしてくれている証拠だと思って許してあげてくださいね。

隠れた病気がある

実はあくびの中には心配な「生あくび」というものがあります。

あなたの周りに最近やたらあくびが目立つな…という人がいたら要注意。

脳梗塞や脳腫瘍、低酸素血症という病気が隠されていることもあるんです。

この生あくび、緊張状態や病気のときこそたくさん出やすいもの。

いつもは眠くならないような昼間に、

生あくびが止まらないという場合は一度病院を受診することをオススメします。

まとめ

いかがでしたか。

聞いているとやや耳障りな大声あくび。

でもその理由を知ると、別にいら立つことでもなかったなと思えてきますよね。

それよりも心配なのは隠された病気。

あくびが出るし、疲れがなかなか取れない…という場合は一度体のメンテナンスのため病院を受診してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする