アイスは食べ過ぎなければダイエットにも効果あり!?

シェアする

スポンサーリンク

食 アイス

アイスをすぐにおいしく食べる方法や、ダイエットに活かす方法をご紹介。

アイスに対する見方が変わるかもしれませんので注目ですよ。

アイスを1日に最高に楽しむ方法!

アイス大好きな人が気になるのがそのカロリー。

冷たくてさっぱりしているからついつい食べ過ぎてしまうんですよね。

でも、アイスは食べ過ぎに気を付ければダイエットの強い味方になるんです。

その理由を見て行きましょう。

血糖値が急激に上がりにくい

ダイエットのときに気をつけたいのが血糖値の上昇。

空腹時に糖分をとると血糖値はグンと上がるので太りやすくなってしまいます。

そのため血糖値の上昇は穏やかにしておくことがダイエットのコツ。

嬉しいことにアイスは乳脂肪が多く含まれているので血糖値上昇は穏やかに。

クッキーやケーキと比べると太りにくいおやつと言えるんですよ。

また、アイスに含まれる乳脂肪はエネルギーに変わりやすいものであるため食べても太りにくいんです。

脂肪が燃焼しやすい

アイスを食べると体中が涼しくなりますよね。

実はこれが体の脂肪を燃焼しやすい状態にしてくれるんです。

人の体には冷たいものを食べて体温が下がると、

脂肪を燃焼させて体温を保とうとする働きがあります。

そのためアイスを食べて体を冷やすことが脂肪燃焼の効果につながるんです。

ただし、食べ過ぎて体を冷やしすぎることは避けてくださいね。

重度の冷えはエネルギー消費量を減らしてしまうので、

ほどほどにダイエットに取り入れることが大事です。

朝にアイスでダイエット効果が

朝からアイスなんて贅沢!と思うかもしれませんが、

実はダイエットに効果があることも。

朝はいつも菓子パンとか、

いつもギリギリで何も食べずにいるという人にはオススメな方法ですよ。

やり方は朝ご飯の代わりにアイスを食べるだけ。

一番いいのは、バニラアイス。

乳脂肪分がしっかり入っている「アイスクリーム」の表示があるものを選ぶようにしましょう。
(ハーゲンダッツなど高級アイスだと乳脂肪分が高めでオススメです。)

このアイスクリーム表示のあるアイスは、体に欠かせない脂肪分、

糖分の他にビタミンやミネラルが豊富に含まれているので栄養価が高いんです。

また、バニラアイスならアレンジもしやすいので飽きずに食べられると思いますよ。

アイスだけを食べていくのもいいのですが、

秋冬体を冷やしやすい季節のときは一緒に温かい飲み物をとるようにしてください。

デトックス効果のある白湯だとよりダイエットの手助けをしてくれますよ。

朝アイスダイエットの一番いいところは、甘党な人のストレスが溜まりにくいというところ。

「朝起きたらアイスが食べられるんだ!」

と思うと、毎日わくわくしながら眠れますし、

甘い物を我慢しすぎることもなくなりますよね。

カチカチのアイスをレンジで解凍!バッチリ食べ頃に!

アイスって一年中食べられるほどおいしいですよね。

コンビニに行くとすぐに新しいフレーバーが出ているのでチェックは欠かせません。

そんなアイス、食べたいのはやはり疲れた1日の終わりではないでしょうか。

仕事から帰ってアイスが待っていると思うとやる気が出ますよね。

でもアイスって食べたいときにはすごく固いし、

食べ過ぎると太るのが心配だし…と思っている方も多いはず。

お風呂上がりに「アイス食べよう!」

と冷凍庫から出したけど、スプーンが通らないほど固い!!

こっちは早くアイスを口に入れたいのに!!

とやきもきしたことありませんか。

わたしもよくアイスを食べるのですが、

特にハーゲンダッツはカチカチに固まりやすい気がします。

木のスプーンだと、バキッと折れてびっくりすることも…。

そんなカチカチアイス、レンジで上手に解凍できるってご存知でしたか?

やり方はとっても簡単。

アイスの蓋をとって、レンジの中央に置き「-5℃」または「-10℃」でスタートボタンを押すだけです。

わたしはやや固めが好きなのと食べるのが遅いこともあって-10℃でよく設定しています。

スッとスプーンが入るようになるので食べたいときにすぐ食べられますよ。

まとめ

いかがでしたか。

大好きなアイス、おいしく食べられる方法やダイエットに効果があるということが分かって

今すぐにでもまた食べたくなったのではないでしょうか。

アイスってダイエットに本当にいいの?とわたしも半信半疑だったことがあるのですが、

1日1個食べていてもまったく太らなかったのでやはり他のお菓子よりは太りにくいんだなと思います。

生活の中に上手に取り入れて、優雅なアイスタイムを楽しんで行きましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする