登山での筋肉痛は筋肉のどの部位が炎症を起こす?

シェアする

スポンサーリンク

ハイキング 運動 自然

楽しく登山に行ったのに、数日間は筋肉痛で起き上がるのもやっとだとか、

仕事中辛い思いをしたとか残念な体験をしたことのある人もいるはず。

これさえなければ登山は楽しいのに…と思いますよね。

そもそも筋肉痛とは、筋繊維が傷を受けたことにより起きる症状。

その傷部分を修復するときに血液成分が集まることで炎症反応が起き、

神経に痛みを起こすようになるのです。

この筋肉痛、重くとらえない人もいるでしょうが

筋力の低下につながることも最近明らかになってきているんです。

そのため、いつの間にか筋力が落ちて思いもよらないケガをしてしまった…なんてことも。

そうならないためにも筋肉痛にならない方法を見て行きましょう!

筋肉痛は、炎症反応によるものということはお話しました。

ですが、登山などの激しい運動の場合は筋肉が切れて痛みを発生させていることも。

筋肉が切れているなんて聞くと怖いし痛そう!と思うでしょうが、

古くなった筋繊維が切れてしまい炎症が起きているんです。

さらにこれが酷くなると、肉離れという症状になるんですよ。

登山での筋肉痛で、炎症は重くなりがち。

そのため、痛くなった部分をストレッチして伸ばしたり、

冷やしたりして回復を早めるようにしてください。

ストレッチは、決して無理のない範囲でやってくださいね。

回復のためのストレッチが思わぬ筋肉の損傷をうまないよう注意が必要です。

また、炎症を抑えるためにキズやケガの回復を早めるアミノ酸・グルタミン・アルギニンといったサプリを摂ってみるのもいいと思います。

登山前から飲み続けて、筋肉を丈夫に保っておくと筋肉痛を和らげることができますよ。

登山で筋肉痛にならない為には?体のどの場所を鍛えるべき?

太もも

特に筋肉痛になりやすいのが太ももだと思います。

大腿四頭筋は山登りで負荷がかかりやすいところなので、どうしても損傷しがちに。

辛い筋肉痛を軽減させるためには、日頃からスクワットをして筋肉を鍛えておきましょう。

おもりを担ぐとさらに負荷をアップできるので、効率的に筋肉をつくっていくことができますよ。

アキレス腱

アキレス腱を鍛えることはなかなか難しいのですが、

しっかり伸ばしてほぐすことは簡単にできますよね。

壁や机に両手を置いて、アキレス腱をぐーっと伸ばすようにしてください。

伸ばしたまま5秒ほど止まるとより効果がありますよ。

このアキレス腱伸ばしは、どこにいてもできるし、

登山途中疲れたときにも木を使って応用できますよ。

お尻

腰痛と大きく関連しているのがお尻の筋肉なんです。

お尻の筋肉をしっかり鍛えほぐしておけば、

多小多く歩いても腰が痛くなることがありません。

お尻の鍛え方は簡単。

気がついたときにお尻をきゅっと締めるようにして10秒ほど数えてください。

デスクワーク中心の人でも、座りながら締めれば効果あり。

一日の気付いたときに何度でもやってみてくださいね。

お尻が鍛えられて筋肉痛の痛みを感じにくくなりますよ。

お腹

腹筋も登山をするには大事な筋肉。

充分鍛えておくことで、バテずに登頂することができますよ。

オススメなのは、毎晩寝る前に足の上下運動をすること。

仰向けに寝た状態で膝をくっつけ、90度に曲げた状態で上下させてください。

最初はお腹がきついと思いますが、慣れると3分程度は楽にできるようになりますよ。

腰を痛めないように、ヨガマットなどをひいて保護してくださいね。

腹筋は体幹づくりにも大きく関わっている筋肉なので、

鍛えておくと登山のしやすさがかなり違ってくると思います。

まとめ

いかがでしたか。

登山での筋肉痛、できるだけ軽減させてその後も過ごしやすくしていきたいですよね。

そのためには、日頃から筋肉を労わり鍛えておくことが大事。

登山は楽しいのに、その後の筋肉痛のことを考えると気が重い…と思っていた方はぜひ今日から始めてみてください。

毎日のちょっとした努力で体の変化が分かって来ると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする