受験のストレスこの症状がでたら要注意!親のストレスも解消!?

シェアする

スポンサーリンク

人

受験って、人生の大きな分岐点ですよね。

人生の明暗を分けるといっても過言ではないはず。

そんな受験を控えた子供を持つ親もまた、ストレスがかかるものです。

遅くまで勉強をがんばる子供の姿は応援したい半面、もう休んでほしいと心配になりますよね。

そこで、受験ストレスで子供に起きやすい症状とその解決法、

そして親は子供のために何ができるのかを解説していきます。

受験生をお持ちの方、ぜひ注目して見ていってください!

要必見!受験ストレスで起きやすい症状と解消法!

腹痛

最も起きやすい症状が腹痛です。

わたしもテストの前はよくお腹が痛くなり困ったことがありました。

下痢になるタイプと便秘になるタイプがいるのが腹痛の特徴。

下痢になりやすい方は、下痢止めを用意しておくと精神的に安心しやすいです。

オススメはストッパや正露丸です。
(こちらは糖衣錠があるのでその方が匂わなくていいですよ)

お腹がぐるぐるいい出したらさっと出して飲むようにしましょう。

便秘になりやすい方は普段から排便習慣を整えておくことが大事。

わたしも便秘タイプだったので、テスト中のお腹の張りには悩まされました。

オススメなのは酸化マグネシウムの医薬品。

お腹に優しく便に水分を与える作用のある便秘薬なので、

激しい便意に襲われることはありません。

無理なく便通を整えることができるので安心して使えますよ。

食欲に変化

受験のストレスから、食欲に変化が出る受験生も多いんです。

食欲不振になって痩せていく人もいれば、

過食気味になって体重増加が止まらない!という人も。

食欲不振の方にはやはり食べられるものを食べてもらうようにすることが一番です。

栄養バランスを考えると、ハラハラしてしまうかもしれませんが、

今は口に入れられるものを探すことが大事。

プリン、ゼリー、ヨーグルトなどは食欲がない時でもつるんと食べやすいのでオススメですよ。

過食気味の方はお菓子のストックをやめ、食べる時間を決めておくことが大事。

受験となると遅くまで勉強をするのでお腹が空いてついつい何かを食べてしまいがち。

そんなときは消化のよいお粥やうどんでお腹を満たすのがオススメです。

また、ココアも満腹感が出るしカロリーも高くないのでいいですよ。

情緒不安定

受験ストレスから、情緒不安が起こることも多いんです。

急に怒りだしたり、泣きだしたり、

見ている方はどうしていいのか分からなくなりますよね。

そんなときは一旦休憩することが大事。

休んでいられないと根を詰め過ぎるとどこかで必ず支障が出てきます。

1日数十分でいいので、好きなアニメや漫画を見るとか、

散歩に出かけてみるとか心を落ち着かせる時間を持つようにしてください。

サボってしまったと自分を責めるのではなく、

これも受験に大切なことと割り切ってくださいね。

受験生だけでない!受験ストレスで親がやるべきこととは

子供が受験で苦しむ姿は、見ている親にも大きなストレスとなりますよね。

何とかしてあげたい気持ちでいっぱいになったり、

子供に当たられてイライラしたりと親も本当に大変だと思います。

そんなとき、親がやるべきことは何なのか見ていきましょう。

手続きや資金の準備はしておく

親が子供の代わりにできること、それは受験の手続きや資金の準備です。

子供は勉強にいっぱいいっぱいで、手続きまでしている余裕がない!なんてことも。

期日をしっかり守って振り込みをしたり、

試験会場までの経路を確認したりして子供と一緒に受験当日を安心して迎えられるようにしておきましょう。

いつも通りにする

子供を心配するあまり、

「勉強の調子はどう?」

「この前の模試はどんな具合だったの?」

など、ついつい質問攻めにしてしまうこともありますよね。

でも、受験ストレスを抱えた子にとってこの質問攻めはかなり辛いものになりやすいんです。

だから、あえていつも通りにしておくことも大事。

「困ったときにはサポートするからいつでも頼ってね」

くらいの距離感でいる方が子供も安心しやすいです。

気になって部屋ばかり除くことはしないようにしてくださいね。

まとめ

受験生がいるだけで、

その家の雰囲気がガラリと変わるくらい受験って大きなイベントですよね。

子供の目指した学校に行かせたい気持ちが強くなる分、

子供が悲しんだり苦しんだりする姿は見たくないものです。

でも、親子で受験を乗り越えたことは強い絆につながります。

子供の幸せを願いながら、その子に合ったサポートをしていきましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする