特別な日のローストビーフ献立集!大事な人と過ごすお誕生日におすすめ⁉

シェアする

スポンサーリンク

食 ローストビーフ

誕生日やクリスマス…お祝い事に欠かせないのがローストビーフではないでしょうか。

出てくるだけでテンションが上がるし、迫力があるのでインスタ映えもしますよね!

ですがこのローストビーフ。

迷うのが献立の立て方だと思うんです。

メインディッシュは決まったのに、サブおかずがなかなか決められない。

お酒を飲もうと思うけれど、ローストビーフには何が合うの?

こんな風に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、ローストビーフに合うお酒や献立の立て方、さらには変わり種ソースをご紹介!

お祝い事にローストビーフを作る方、どんどん取り入れてみてください!

ローストビーフにはやっぱり赤ワインが定番⁉意外にいける?おしゃれに白ワイン!

お酒売り場に行くと、たまに見かけるのがローストビーフと赤ワインのセット。

ということは、やっぱり赤ワインにしておくのが無難なのかな?と思えてきますよね。

でも、いつも赤ワインだと飽きることってありませんか?

また、赤ワインを飲むと頭痛がしやすいとか、渋みがちょっと苦手…という方もいるはず。

そんな方は思い切って白ワインを選んでみるのはいかがでしょうか?

白ワインの中でも辛口でキレのあるものを選ぶことでローストビーフとの相性は抜群に。

フルーティーな香りとローストビーフはとてもよく合うんです。

また、我が家でよくやるのはビールとローストビーフです。

すっきりした炭酸がお肉とよく合って、どんどん食べられますよ。

さらに、わたしの両親は焼酎とローストビーフを合わせていたこともあって、

焼酎のコクと肉がよく合う!といつも大満足でした。

お酒と合わせるときは、ローストビーフの他にポテトサラダやポタージュなどがあるといいですね。

ポテトサラダの中に枝豆を入れるとおつまみ感がアップするし、

お酒の分解も早めてくれるのでオススメです。

ポタージュも、乳製品がお酒の分解を助け二日酔いを防いでくれます。

また、お腹が膨れやすくなるので食べ過ぎ飲み過ぎ防止にも役立ちますよ。

節度をもっておいしく食べられるようにするために、献立の一工夫もしてみてくださいね。

ローストビーフのソースをポン酢で作ってみた!和風でさっぱり美味!

ローストビーフって迷うのがソースではないでしょうか。

ステーキソースで濃い目にいただくのもおいしいのですが、

少し大人な方にはさっぱりしたソースも人気があるものです。

そこで、どこのご家庭にもあるポン酢でソースを作ってみるのはいかがでしょうか。

材料はポン酢大さじ4にバター10gだけ。

バターをフライパンでさっと溶かしたらポン酢をかけて混ぜてください。

バターは電子レンジで溶かしたあと、ポン酢と混ぜてもOKです。

お好みで、山椒やゆずコショウをふるとより風味が出ますよ。

肉厚なローストビーフとさっぱり和風ソースがマッチして、飽きずに食べ進めることができます。

また、ソースを和風にすることで、

おみそ汁やお浸しなどの献立でも違和感なく食べることができます。

すべてを洋風にするのではなく、

和風な献立の中にローストビーフを取り入れたいという人にはぴったりですよね。

わたしは両親を家に招いたときは、このさっぱり和風ソースはいつも作るようにしています。

高齢で若いときのようにガッツリ食べられなくても、

和風ソースにすることでおいしく食べられるようになるみたいです。

ローストビーフだけでなく、鶏肉や豚肉にも合うので好評なんですよ。

簡単に作れるのでぜひお試しください。

まとめ

お祝い事にもってこいのローストビーフ。

組合せのお酒や献立に迷うことも多いと思うので、今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

メインのことばかり考えていると、ついついサブおかずやお酒に気が向かなくなってしまうんですよね。

でも、ローストビーフを引き立てる大事なものなので、

素敵なものを選んで献立に取り入れるようにしましょう!

おいしいローストビーフがある食卓で、思い出に残る記念日を過ごしてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする