ホワイトソースでは薄力粉と強力粉はどちらを使う?

シェアする

スポンサーリンク

食 シチュー

寒い季節になると、おいしくなってくるのがホワイトソースを使った料理ですよね。

とろりととろける濃厚なソースは、何度だって食べたい味です。

また、料理上手になってモテようとしている女性にとって、

ホワイトソースを上手に作れることは重要な要素!

彼を家に呼んだとき、おいしいクリームシチューやグラタンが出せたら最高だと思いませんか。

でも、ソースを作るときって薄力粉?強力粉?

どちらで作ればいいか分からないことってあると思います。

そこで、ホワイトソースの作り方をご紹介。

気になる小麦粉の種類や、薄力粉がないときの代用方法をご説明しますよ。

今日からぜひホワイトソース作りにチャレンジしてくださいね!

ホワイトソースでの小麦粉の種類は?

薄力粉

ホワイトソースを作るとなったら、一般的に用いられるのは薄力粉です。

レシピ本などにも、ホワイトソースの材料には

「小麦粉」と書かれていることが多いと思いますが、これは薄力粉のことを指す場合が多いんです。

薄力粉は粒子が細かいので、とろみを強く出すことができます。

ですから、ホワイトシチューやクリームパスタを作るときは

薄力粉で作った方がとろっとしたおいしい食感に仕上がりますよ。

強力粉

こちらは、薄力粉に比べると粒の大きさが荒め。

そのため、とろみが弱く粘り気が出やすくなります。

もし、強力粉でホワイトソースを作ろうと思うなら、

レシピに書いてある薄力粉の分量より少し増やすことを意識してください。
(目安としては1割程度増やすとちょうどいいですよ。)

また、作ったホワイトソースをクリームコロッケやグラタン、

ドリアに使いたいときは強力粉で作るのがオススメ。

粘りが出るのでコロッケの中でも形状を保ちやすいですし、

グラタンやドリアの上でもご飯とよく絡まっておいしいですよ。

ホワイトソースを作る時に薄力粉の代用になるものとは?

上でご紹介したように、薄力粉がなくても強力粉でホワイトソースを作ることはできます。

ですが、

「家に薄力粉も強力粉もない!!」

という場合もありますよね。

そんなときに、薄力粉の代用になるものをご紹介。

どれか一つはご家庭にあると思うので、ぜひ試してください。

天ぷら粉

天ぷら粉は、薄力粉にコーンスターチなどを加えて作られています。

そのため、充分薄力粉の代用が可能!

使う前には、天ぷら粉をザルでふるって粉を滑らかにするとダマも出来にくくなります。

片栗粉

こちらは必ずと言っていいほどご家庭にあるのではないでしょうか。

中華料理でとろみをつけるときなんかも使いますよね。

片栗粉でもホワイトソースを作ることはできるんです。

ただし、気をつけてほしいのは工程がまったく変わるということ。

通常なら、薄力粉とバターを合わせて炒めるところから始まりますが、

片栗粉の場合は牛乳で作ったスープにとろみをつけていくというイメージになります。

そのため、牛乳スープにはある程度の味をつけておくことが大事。

コンソメの素などを入れると、バシッと決まって失敗なしですよ。

お米

びっくりするかもしれませんが、お米でもホワイトソース作りはできちゃうんです。

お米って、潰すと粘り気が出ますよね。

この粘り気をとろみづけに利用してください。

もしすり鉢があるなら、それで丁寧にお米をすり潰してください。

その後、小鍋でとろとろになるまで煮詰め、

そこに牛乳・バター・コンソメの素を混ぜるとホワイトソースができます。

お米は焦げやすいので、火加減には注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか。

ホワイトソースを作るときの謎は解決したでしょうか。

小麦粉はいろいろ種類があって迷うと思いますが、

基本は薄力粉と覚えておけばスーパーに行ったときでも安心ですよね。

また、急に思い立ってホワイトソースを作る時も、

代用品があることを覚えておけば慌てることはないと思います。

寒い冬、体の中から温まるように、おいしいホワイトソースを作ってくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする