お餅についたカビの見分け方!セーフとアウトの違いは!?

シェアする

スポンサーリンク

食 もち

楽しいお正月が終わって、冷凍庫を開けると、餅、餅、餅…。

製氷皿が見えないくらい餅でいっぱいになっているご家庭もあるのではないでしょうか。

自分の家でも買ったのに、お隣や実家から餅をもらってしまうのって、お正月あるあるですよね。

そんなお餅、ふと見るとカビが生えてる…!

なんてことありませんか?

わたしは何度もカビを生やしてしまったことがあります。

でも、食べ物を捨てるのって何だか心苦しい…。

そこで、気になるお餅のカビについて徹底解説!

また、カビからお餅を守るための冷凍保存方法もご紹介。

お餅の扱いを知って、新年を楽しく迎えましょう!

お餅のカビで食中毒ってあるの?危険なカビはこれだ!!

お餅にカビが生えちゃったけど…カビの部分だけ切り落とせば食べられるよね。

と考えている方。

気をつけてください!

中にはとても危険なカビもあるんです!

カビって、体にどのような影響があるかご存知ですか?

大丈夫と思って食べていると、食中毒やガン、

アレルギーなどの恐ろしい症状を引き起こすことがあるんです。

切り落として食べたとしても、目に見えない小さなカビや、中の方に生えているカビがあることも。

じゃあ、安全なカビってどんなカビ?

と思いますよね。

実はこれ、素人目には判断は無理。

カビの種類を研究している人たちでも判断することが非常に難しいそうです。

だから、カビが生えていたら大丈夫なカビかどうかを判断するのではなく、

そのお餅は捨てた方がいいんです!

これくらいなら食べても大丈夫~。

と思って口に入れると、思いもよらない不調が表れるかもしれませんのでご注意を!

お餅の保存どうしていますか?カビから守る正しい冷凍保存

お餅にカビを生やさないためには、正しい保存方法を知ることが大事。

正しく保存して、お餅をカビから守りましょう。

真空パック

個包装で真空パックになっているお餅ってありますよね。

こういった真空状態なら、冷凍庫に入れる必要はありません。

袋記載の賞味期限まで常温保存が可能です。

一度開けると酸化が進むので、

開けたパックはできるだけ近日中に食べきるようにしてくださいね!

冷蔵保存

数日中には食べる予定なんだけど…という人は、簡単な冷蔵保存がオススメ。

お餅をラップでしっかりくるんで、タッパーやフリーザーバッグに入れてください。

真空パックを開けて、その残りを冷蔵保存するというときもこのやり方がベストですよ。

必ず数日中には食べるようにしてくださいね。

冷凍保存

お餅を冷凍するコツは、とにかく空気に触れないようにすること!

空気を丁寧に抜きながら、ラップでひと巻きし、フリーザーバッグに入れてくださいね。

ラップをきっちり巻くことがコツですよ。

お餅は正しく冷凍させれば、数か月程度は保存が可能。

これで、大量のお餅も捨てることなく最後まで食べきれそうですよね。

解凍方法

解凍したいときは、冷凍庫から取り出して4時間から5時間程度室温に置いておくと、自然解凍できます。

(冬はもう少し長めがいいので、前日の夜から置いて朝食べるとちょうどいいです。)

今すぐ食べたい!というときは、電子レンジでの解凍もできます。

その際は、ラップを外して一度お餅を水にさっとくぐらせてください。

だいたい切り餅一つだと、600Wで50秒くらいが目安です。

やりすぎると、お皿にくっついて離れない!ということになるので注意しながら解凍してください。

まとめ

いかがでしたか。

お正月が過ぎると必ず発生するお餅問題。

保存方法を知っていれば、焦らず対応することができますよね。

我が家もお正月にもらったお餅を保存して、すべて無くなるのは4月ごろ…。

一年の3分の1は生活の中にお餅があるんだな…と思うと複雑な気持ちです。

あまりにもお餅が続いた三が日なんかは、衝動でパンや麺類が食べたくなるんですよね~…。

ですが、せっかくいただいた食べ物!

無駄にしていてはくれた方にも、お餅にも申し訳ないです。

おいしい状態を保てる保存をして、工夫しながら食べていきましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする