能勢電レールウェイフェスティバルは子どもに人気!!見どころ紹介

シェアする

スポンサーリンク

Inked能勢電レールウェイフェスティバル2_LI

兵庫県の能勢地方、山間部の間を3両編成でガタゴト走るレトロで可愛い能勢電鉄の電車。

以前、中谷美紀さんや戸田恵梨香さんら出演の「阪急電車」で有名になった関西圏の主要路線で、

マルーン色の車体の阪急電車と同じ車両を使っています。

そんな見た目も素敵な能勢電鉄の鉄道まつりが、

年に一回4月末、ゴールデンウィークの始まり頃に開催されます。

ミニ電車や運転シミュレーター、洗車体験、出店、プラレール会場などたくさんのイベントがあり、

子どもから大人まで楽しめる能勢電レールウェイフェスティバルについて、ご紹介します。

10-15時、雨天決行。

場所は能勢電鉄の本社がある平野駅を降りてすぐの、平野車庫で行われます。

入場料は無料。

主要路線の鉄道祭りイベントと比べ、

比較的空いているのが能勢電レールウェイフェスティバルの良いところです。

能勢電の人気ゆるキャラクターの、

うさぎのぴょんちゃんとカメののんちゃんがお出迎えしてくれ、

紙で作られた運転手さんの帽子を受け付けでもらったら、小さな運転手さんになりきる子どもたち。

自分の名前を印字してもらった名札を付けて、各ブースを回ります。

人気のコーナーは整理券が配られているので、案内をみて事前にチェックしていきましょう!

洗車体験や運転シミュレーター、車掌体験などは整理券が必要です。

もし整理券が取れなくても、他にも楽しいコーナーがたくさんありますので安心してくださいね。

子どもたちに大人気のミニ電車は、

普段は入ることのできない電車の車庫の中を、ミニ能勢電が運行しています。

小さな子どもたちは大興奮。

無料ですので、何度も何度も繰り返し乗る子どもも多いですよ。

屋外では、能勢電グッズを販売しています。

現在では走っていない能勢電車両のグッズや、

ゆるキャラのぴょんちゃんとのんちゃんのお弁当やハンカチなどの可愛いグッズ、

方向幕や時刻表など、鉄道好きの心をくすぐるアイテムが豊富に揃っています。

鉄道マニアでなくても、

可愛いなと思えるデザイン的にも素敵なものもたくさん置いてあるので、見てるだけでも楽しいですよ。

本社も、この日はお祭り仕様となっていて、

能勢電鉄の社員や駅員、運転手さんや車掌さんがお祭りを盛り上げてくれます。

出店では、おにぎりやカレー、ラザニア、飲み物などの軽食が売っていて、

手ぶらで行ってもお昼ご飯などを購入できます。

飲食スペースが限られているので、お昼時は座って食べるのは困難ですので、

時間をずらすなどの工夫か必要です。

本社の中では、プラレール会場があり、

家では組み立てられない大きなプラレールの線路が部屋いっぱいに積み上げられて、たくさんのプラレール電車が走っています。

他にもかえっこバザールでお買い物をしたりワークショップがあったりと、

子ども連れの家族みんなで楽しめる仕様になっています。

授乳室やオムツ交換をする場所もあるので、赤ちゃんと一緒でも安心して回れますよ。

お昼から、川西市のキャラクターのきんたくんと能勢電のキャラクターのぴょんちゃんとのんちゃんによる

交通次第ショーとダンスがあって、こちらも子どもたちから大人気。

こんなに子どもの楽しめる電車のイベントもなかなか無いと思うので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする