飲み会の会費5000円は高い?安い?

シェアする

スポンサーリンク

人物 

飲み会の会費で高いか安いかが別れるのは、だいたい5000円であることが多いです。

やはりわたしも、一人5000円以上徴収されると

「今月きついな…。」

と思うことが多かったです。

この金額、お酒をたくさん飲む人がいたかいなかったかで大きく変わってくるんですよね。

冒頭でも申し上げたとおり、

わたしは8000円請求されたことがあるのですが、それは送別会のときのことでした。

送られる人が超酒豪で、かなりの量を飲んでいたんです。

もちろん、送別会なのでお別れする人からお金を徴収できるわけもなく…。

「○〇さん、やってくれたな~。」

とみんなで苦笑いしたことを思い出します。

5000円というと、豪華なディナーを食べられるし、

回転寿司ならすごい量が食べられるのに…と惜しくなることもあると思いますが、

飲み会のおかげで人間関係が円滑になるなら必要経費と言えますよね。

惜しくなる気持ちも分かりますが、

飲み会があることを想定して年末年始などは節約に励んでみましょう!

飲み会の会費相場はどれくらいなの?相場は高い!?

会社やサークル、趣味の集まりなどで飲み会の開催ってありますよね。

いろいろな人と話せるし、お酒で場が温まってきて

普段聞けないことも聞けて楽しい時間を過ごすことも多いと思います。

しかし!

飲み会の会費に納得していない方も多いのではないでしょうか。

わたしは以前会社の飲み会で、8000円を徴収されたことがあり、

「楽しかったけど、もう行きたくない…!というか行けない…!!」

とショックを受けたことがあります。

そんな飲み会の相場に不満を感じているあなた!

飲み会の会費の徴収方法や、

相場についてご紹介していきますのでぜひ参考にしてください!

飲み会の会費はどうして徴収するのが効率的?

事前徴収

もっとも安全なのが事前徴収。

この場合、飲み会ではコースを頼むことになります。

お酒に関しても、「2時間2500円」といったような決まった時間のものを選んでください。

そして、飲み会が開催されたら追加注文はNGです。

お店側に頼んで、メニュー表を撤去してもらうこともできるので、

幹事に抜擢された際はぜひお願いしておいてください。

この方法でいけば、あらかじめ決めた額からオーバーすることはありません。

ついでに、時間制限があるところが多く酔いすぎる人も出なくなるため、

遅くまでダラダラという心配もなくなりますよ。

その場で徴収

飲み会がお開きになって、店員さんに会計をしてもらってその場で徴収する方法。

サークルや大学のゼミの集まりだと、このパターンが多いのではないでしょうか。

その場で金額が出ており、人数分で割られているため出さないわけにはいきません。

中には、

「お財布忘れました~。」

なんていう人も出てくるかもしれないので、

幹事になった場合は少し金額を多めに持っていく必要がありそうです。

もちろん、後日きちんと返してもらうことを忘れないようにしてくださいね。

後日徴収

会社での飲み会は、いつもこのパターンでした。

とりあえず幹事が飲み会の会計を払い、

後日人数分で割ったものを徴収するようにしていました。

でも、これだと誰が出して誰が出していないか分からなくなりがちなので、

わたしの職場では封筒に名前を書いて分かるようにお金を集めていました。

ただ、後日徴収だとどうしても予算はオーバーしがち。

追加でメニューを頼んでいると、知らない間にすごい金額…なんてことに。

また、誰が追加で頼んだのか日が経っていると分からなくなっているんですよね。

後日徴収だと、少し多めに上司が払ってくれていることも多かったので、

新入社員のわたしは助かることも多かったです。

まとめ

いかがでしたか。

飲み会の会費、自分がまるで他の人の食べた分まで払っているような気持ちになって、

「なんでこんなに払わないといけないの~…。」

と不満があふれることって誰しも一度はあるもの。

でも、それはお互いさまと言えますよね。

確かにお金が飛んでいくのはつらいですが、

飲み会を開催しないと話せなかった人や聞けなかった話もあるはず。

また、飲み会で上司と深く話せたから出世につながったという人もいるかもしれません。

将来の自分への投資と思って、せめて飲み会中はお金のことは忘れて楽しみましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする