長崎ランタンフェスティバル食べ物や駐車場穴場スポット情報などの感想

シェアする

スポンサーリンク

長崎ランタンフェスティバル2

中国の旧正月を祝う行事「春節祭」を起源とする、

長崎の冬の一大イベント!

長崎市浜の町アーケードから中華街では

たくさんの赤いランタンが彩りすごいきれいです。

肉まんや豚まん、長崎名物の角煮まん、ハトシなど

おいしい食べ物の出店がたくさん出店されています。

演し物も龍踊りや変面ショー、中国雑技団など、とても見応えあり。

専用駐車場がないですが近くにはタイムパーキングがたくさんあります。

中華街の目の前にもタイムパーキングはありますが

だいたい満車で出庫するときも時間がかかるので

浜の町アーケードの方に停めたほうが眼鏡橋の方と中華街の中間地点でオススメです。

ですが紹興酒なども出店で販売されてるので

交通機関利用した方が時間を気にせず楽しめます。

メイン会場は人混みなので穴場スポットとしては

唐人屋敷付近が本当に中国にいるかのような道が

あり人も少ないのでオススメです。

あと赤いロウソクを灯したりとてもきれいです。

あとは眼鏡橋のところは黄色いランタンがたくさん点灯してあり

橋の下から写真撮るとすごいきれいです。

眼鏡橋の方は川沿いに十二支のオブジェがあり

自分の干支のところで写真撮ったり

金魚のオブジェもあるのでデメキンがとてもチャーミングです。

子供連れの方は授乳室など中華街にはないので

浜の町アーケードの浜屋に調乳機も設置された充実した授乳室があります。

ですが19時30分閉店ですので夜行かれる方はミルク用のお湯やオムツ入れようの袋があると便利です。

たくさん歩くのでベビーカーでもいいですが

人混みなので抱っこ紐の方が安全な気がします。

中華街にはチャイナドレス販売してるお店もあり

2500円ぐらいで購入できるので着用させていくととても可愛く写真映えします。

意外とチャイナドレス着てる子どもや女性の方もいるので

ランタンフェスティバルのときだけは浮くこともなくいつもと違う写真が撮れます。

大人用のチャイナドレスも3000円から4000円で販売されています。

とにかく街中がランタンとランタンのオブジェで

いっぱいでどこでも、今で言うインスタ映えスポットばかりです。

あとメイン会場では何匹もの豚の頭が神様にお供えされており

普段見ることができないので驚きです。

ランタンフェスティバルの時期は約2週間ぐらい開催されているので

何日間かに分けていろんな場所巡るのも楽しいと思います。

もちろん夜がライトアップされてきれいですが

昼間も人が少なくゆっくり楽しめます!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする