エアコンの掃除は羽だけではない清掃方法の解説!

シェアする

スポンサーリンク

エアコン

エアコンの掃除といったら羽をきれいにすることを考えている人もいます。

しかし羽の掃除だけしていると電気のブレイカーが落ちやすくなったり、

いつもより電気代がかかってしまうという悩みがあります。

エアコンのところをよく見てみると中に沢山のごみが溜まっていることがあります。

エアコンの掃除の悩みをどう解消していくか説明します。

まず羽に関しては1年1回や2回に限らず、こまめに掃除します。

こまめに掃除することでエアコンの中にごみが溜まりにくいし、

汚くなりにくくなります。

これだけでは電源のブレイカーが落ちてしまいやすいので、今度は中身を掃除します。

今はエアコン用の掃除スプレーもあるし、

歯ブラシのいらなくなったものを使って中をきれいにすることが出来ます。

しかし、まだこれだけでは電源のブレイカーは落ちやすくなります。

ここからどうすればいいかというと

エアコンが回っている家庭は外にエアコンを調節する元があると思います。

エアコンの調節する元にも実はごみが溜まりやすく、

元の部分を掃除するかしないかで

ブレイカーが落ちやすくなるか落ちにくくなるか違ってきます。

エアコンをきれいにするには念入りに掃除をしなければいけないし、

ほうっておくとごみが溜まります。

あまり溜まりすぎると掃除しにくくなり、

ごみが取れない状態でエアコンを使うことになります。

例えば自宅の中でタバコや、木をのこぎりで切ったりしたすすなどがついてしまうと

何年もついたままごみが取れにくい状態になってしまいます。

そのためエアコンを使うときはきれいに使わなければいけないし、

掃除も念入りにすることが大切です。

我が家でもブレイカーが切れやすくなった場合、

このエアコンの元とエアコンの中も確認しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする