忘年会の会費はいくら?参加したくない時はどうすれば?

シェアする

スポンサーリンク

人物

年末になるとやってくるのが忘年会ですよね。

新入社員のときだと、会社の人たちとの忘年会は緊張や不安に思うことが多いかもしれません。

お店を決めたり、出し物を考えたり、参加人数の確認をしたり…。

「こんなの業務内容と関係ない~!!」

と思うかもしれませんが、年に一度のことなので仕方ないですよね。

友だちとの飲み会だったらサクサク決められるのに、

会社のことだと腰が重くなるからつらいもの。

そこで今回は、忘年会の会費の相場や、

どうしても行きたくない!というときの対処法をご紹介。

年末に向けてぜひ参考にしてくださいね。

忘年会の会費はいくらが相場?

忘年会をすると決まったとき、まず気になるのが費用だと思います。

とくに金欠気味の人は、

「会社の忘年会に何万も払いたくない…!」

というのが本音ですよね。

だいたいの相場ですが、

やはり5000円程度というのが多いみたいです。

もし上司が多めに出してくれたり、

会社でのレクレーション資金が給付されたりするという場合はこれより安くなる可能性もありますよ。

どうでしょうか?

「これくらいなら出せそうかも…!」

と思えましたか?

もし、金欠で困っている…という人は、

自ら幹事になって、安いお店を見つけるという手もあります。

それに、

「あの子、自分から幹事を引き受けてくれるなんていい子だね。」

と社内での株も上がるかもしれません!

今、安くておいしいお店は探せばたくさんあります。

ただ、忘年会シーズンはどこも予約でいっぱいになってしまうので、

早め早めの対応を心がけてくださいね!

どうしても忘年会に行きたくない新人はダメ?

「年末は友だちとの飲み会もいっぱいあるし、わざわざ会社の外でまで上司と飲みたくない…。」

そう考える人もいますよね。

特に忘年会だと、遅くまでやることになりがちだし、

「行きたくないな~…。」

と思う人も多いと思います。

そこで、上手に断る方法をご紹介。

まず、一番いいのは

「その日はどうしても都合がつかないんです。」

と言うことです。

何か理由を聞かれたら、

実家の用事や、冠婚葬祭を理由に断るようにしましょう。

そして断った日は、決して街をフラフラ歩かないようにしてくださいね!

ばったり上司に会ってしまったら100%気まずいです。

大人しく家でじっとしているか、

本当に実家に帰省して静かに過ごしましょう。

また、

「最初は参加にしてしまったけれど、やっぱりどうしても行きたくない…!」

という人は、体調不良を理由にドタキャンするしかないです。

そんなときは、出来るだけ前日から演技をしておくことが大事。

たまにコホコホと咳をしてみたり、

風邪薬を飲むフリをしてみたり

(サプリメントなどを代わりに飲んでおけばOK)

とにかく今体調不良なんだ!

ということを周囲にアピールしてみてください。

また、演技力に自信がない人は、

一旦家に帰ったあとお腹を壊して動けなかったという理由にしてもいいと思います。

激しい腹痛の経験は誰にでもあると思うので、

「そんな状態じゃ飲みに来れないか…。」

となると思いますよ。

以上断り方をご紹介しましたが、

新入社員の内は、やはり忘年会には参加しておいた方がいいと思います。

やはり仕事以外の場所で上司と話すというのは、意外な一面が見られるもの。

上司も、あなたのことを普段から気にかけていて、

お酒の席でいろいろと話をしたいなと思ってくれているかもしれません。

最初は気乗りしないでしょうが、

行ってみると意外にも楽しかったと思えるのも忘年会です。

わたしも新入社員の頃、飲み会が大嫌いでした。

ですが、参加を繰り返すうちに楽しくなってきて、

職場のみんなと仲良くなれるため仕事もスムーズに行くことが多くなってきましたよ。

絶対に行かないといけない!というものではないですが、

あまり構えすぎずに参加してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか。

忘年会シーズン、お財布事情だったり、

コミュニケーションのことだったり、悩むことがたくさんあると思います。

でも、それらを乗り越えれば新年のスタートです。

今年一年も良い年だったと思えるように、

今一度じっくり考えて、忘年会への参加を検討してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする