お年玉が親に没収された!親がお年玉を没収する理由とは?

シェアする

スポンサーリンク

人 お年玉

お正月になると子どもってお年玉をもらえるから良いですよね!

大人になると渡すばっかりで、家計が大変です。

子どもにとっては楽しみにしていたお年玉ですが、

もらったと同時に親に没収された!

そのお金は私にくれたものじゃないの?

なんて不満がむらむらしている子どもがいるみたいですね。

実を言うと我が家も子どもたちのもらったお年玉は没収させてもらっています。

しかしうばって勝手に使っているわけではないのですよ!

今回はお年玉を没収している親の立場から、

どうして管理しているのか、使い道の計画などを書いてみようと思います。

貯金しておくメリットをきっと分かってもらえるはずですよ!

お年玉は貯金されている?親は子供の為に貯金している場合がほとんど?

お正月にいろんな方から頂くお年玉ってありがたいですね!

子どもは大人の方から、とくにおじいちゃんおばあちゃんから

手渡しで直接お年玉をもらうとよろこんでます。

ぽち袋の中の札を数えて、買いたいものや買えるものが頭に浮かんできますね。

だけど自分がもらったお年玉なのに、親に没収された!と不満があるのですよね。

だけど親はあなたたち子どものことを考えて、

そのお年玉を貯金していますよ。

もちろんその貯金してためておいたお金は大きな金額になっていくでしょう。

それは将来のあなたち子どもに役立つ使い道を考えてのことなのですよ!

しかし没収して、そのまま生活費に消えていってしまう、

なんてご家庭も少数派ですがあるかもしれません。

だけど生活費に使うほどなので、その子どもも苦しいのは分かってくれるでしょう。

それなら僕がバイトして稼ごう!なんて思ってくれるかもしれません。

我が家の場合をお話しします。

うちの子どもたちはもらえるお年玉の数がとても少ないのです。

おじいちゃんおばあちゃんはあわせてひと袋。

それとご近所で親しくしている方がくれて合計2袋です。

なのでその中身は全て没収して貯金してます。

その代わりですが、親としてママからのお年玉を渡しています。

このお年玉は好きなことに使って良いことにしていますよ。

まあたいていはゲームソフトを買って終わりですね。

その貯金しているお年玉ですが、中学生くらいになると大きな金額になってきます。

もちろん子どものために貯金しているのですが、

一度だけ使ってしまったことがあります。

二人兄弟の高校入学と中学の入学が重なり、

制服代を貯金から下ろして支払いました。

だけど、その後に生活費に余裕がある時にちゃんとお年玉貯金に戻しておきましたよ。

なのでちょっと貸してもらったことが一度だけあるということです。

お年玉を貯金するメリットとは?使い道はどうするの?

お年玉を没収された子どもの立場からしてみたら、

そのお金があれば友達と一緒に買い物に行って美味しいもの食べてって思ってますよね。

実際にうちの子どもの友達には、小学生の時から

お年玉でおやつにマックセットを食べてたりしてうらやましかったのですって!

だけど親の立場から言わせてもらうと、

そんなことに浪費してしまっても何も残らないし、

そのお金があればできることもあるよ!と伝えたいですね。

お年玉を貯金するメリットはありますよ。

だってお年玉が手元にあって、それからしばらくおやつが豪華になったとしても、

夏頃に欲しいゲームソフトがでてくるかもしれませんよ!

今ならスマホのゲームに課金したい!なんて思うのかもしれませんね。

小学生の時からお年玉を合計すると1万円を超える子の方が多いのですね。

その1万円を貯金すれば高校生になれば10万円にはなるはずです。

そして貯金でたまっていくとじゃあ600円だけ下ろして使おうなんて考えることもなくなります。

そうなるとどんどん貯まっていく一方なんですよね。

その貯めたお金は子ども自身が何か始めたいという時に使ってもらいたいです。

例えば運転免許をとるとか、語学留学にいくとかが親の希望ですけどね。

うちは小さな時から車に興味がある男の子なので、

バイトでお金を貯めて車を買う!なんて言い出すのではないかと期待してます。

その時はお年玉がこれくらい貯まってるよ!使いな!と言ってあげたいですね。

もしも私に娘がいたら、かわいい女の子がいたらの話しですけど

高校を卒業したら脱毛サロンに通うことをすすめてみたいなあって思っています。

それとかタレント養成学校とか、劇団への入団とかも良いですね。

お年玉を貯めておいたから使っていいよ!なんて言ってみたいものです。

かわいい女の子には青春を思いっきり楽しんでもらいたいですね。

まあ無い物ねだりなのですが。

まとめ

わたしの子ども時代は、もらったお年玉は自分で管理していました。

なので好きなことに使ってしまってあっという間になくなっていた記憶しかありませんね。

そのため今でも家計の管理に苦労しています。

自分の親を反面教師として、

わたしは自分の子どもたちのお年玉を没収しているのです。

だけどお年玉を貯金しているのはメリットばかりだと私は考えますよ。

はやく子どもたちが自分の意志で、やりたいことを見つけてくれるのを願っているし、

その時はお年玉貯金を使ってもらって感謝されるはずですから。

子どもたちが将来的に決めてくれるお年玉の使い道を

いまから楽しみに待っていますよ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする