茨城県サイクルアートフェスティバルの体験談!!食事やトイレ情報など

シェアする

スポンサーリンク

イベント 人

茨城県取手競輪場で行われる大型イベントです。

(主にフリーマーケットなど)ジャンルがいくつかあってさまざまな出店方法が可能。

イチョウが綺麗で秋を満喫できます!!

会場は本当に広くて、迷うレベルですが、一応要所要所案内も出ていました。

ただ、最寄駅から遠いのと、坂が険しかったのを覚えています。

出店する側でしたが、寒くてモツ煮を買いこんでバックヤードで食べました。

すごく自信があるなら出店もいいけど、

どちらかというと小金を持って一日中ちまちま買い食いしたり

宝探しをしたりして楽しむのが良さそうです。

小さいお子さんも結構見かけましたが、

子供を産んだ今、都内から片道2時間かけて行こうとは思えません、、、!

でも子供が大きくなったら一緒に行って一日中ふらふらしたいです。

とにかく会場が広いので、全体の把握をして行きたいところをピックアップ、

あとはトイレの位置を知っておくのはマストかと思われます。

もちろん何箇所かありますが

場所によっては人が多くて並んでるのが当たり前って感じでした。

それとお札は少し崩して行く方が親切かなと思います。

どて煮は確か3〜400円くらいだったと思いますが、

そのくらいの価格帯でいろんなお店が出てるゾーンがあります。

大掛かりに準備して店構えしているお店はお釣りもたっぷり用意してあったみたいですが、

小売してる方や、個人出店の作家さんなどは対応しきれない様子でした。

会場中腹の広場では真っ黄色に染まったイチョウが本当に眩しくて、

昼間はもちろん、夕方になるとキラキラ色が強く照らされてすごく印象的でした。

人がたくさん集まっている様子も、

イチョウと青空のコントラストも、思い出に残ること間違いなしです。

ただ、時期的にかなり冷え込むので、

探索する側でも出店する側でもカイロなどの防寒対策は必須です。

友人は都内からのノリで普通のジャンパーだけで来て見事に翌日風邪ひきました。

それと、1日を通して何かしらのイベントが行われているので、

とりあえず会場に行けば退屈することは無いと思います。

むしろ1日で網羅できないです。

個人的にオススメしたいのは

学生カップルさんの半日デートのメインか、

お子さんが小学校中学年以上のご家族の週末お出かけ、

車を持っていて手伝ってくれる人がいて、

経済的にあんまり困っていないクリエイターさんの出品、と言ったところです。

大人でも見失うので、迷子やはぐれにだけは注意です!

競輪場なだけあって、空を横切るものはなく、

晴れれば空を見上げて、冬になりきっていない晩秋の空気を胸いっぱい吸い込めて気持ちいいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする