スーツはどんな色を選ぶといい?好印象を与えるスーツとは?

シェアする

スポンサーリンク

人 スーツ

スーツといえば、暗い色のイメージが強く、

どこか地味な印象になってしまうものが多いですよね。

かしこまった場面で着ることが多いので、

あまり派手なものにはできないとはいえ、

女性はやはりスーツ姿でも少しはオシャレを楽しみたいものです。

スーツ姿でも地味になりすぎず、好印象を与えるにはどうすればいいのでしょうか。

今回は、明るく見えるスーツの色、

スーツに合わせるコートやセーターの選び方のポイントなどをご紹介したいと思います。

スーツにマッチするコートはこれ!デートにも使えるレディースコート決定版!!

スーツといえば、黒色を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

黒色のスーツは落ち着いた印象を与える一方で、地味な印象にもなってしまいがちです。

他に代表的なスーツの色は、ネイビー、ベージュがあります。

ネイビーのスーツも落ち着いた印象を与えますが、黒ほど地味になりすぎません。

ストライプなどの柄入りのものを選んだり、

シャツをいつものものから少し変えるだけで

明るく見せることができます。

ベージュのスーツは誰でも穏やかで、明るい印象になります。

しかし、その分着る場所を使い分けなければいけない色で、

重要な日にはあまり着ない方がいいかもしれません。

寒い時期になると、

ほとんどの方がスーツの上にコートを羽織ると思います。

どうせなら、スーツにもぴったり合い、

普段使いにも着られるようなコートが欲しいですよね。

そんな方にお勧めのコートが、トレンチコートとチェスターコートです。

トレンチコートは羽織るだけでフォーマルな印象ができ、スーツには相性抜群です。

スーツの上に羽織るコートとしてはとても定番で、

スーツにトレンチコート、というファッションもよく見かけますよね。

年齢問わず男女から人気で、一枚は持っておきたいアイテムですね。

オシャレ着のコートとしての印象の強いチェスターコートも、

実はスーツにとても合うんです。

こちらは生地も厚いものが多く温かいので、冬の寒さもしのぐことができます。

デートなどにも使えて、着回しのしやすいコートです。

スーツに合うコートを選ぶ際は、

明るすぎる色は控え、黒、ベージュ、グレーなどで、

スーツと同じ色にならないものを選ぶとオシャレに見えますよ。

スーツからチラ見せでセーターは色味で選ぶ

少しカジュアル目な服装でもOK!

という会社などでは、スーツとセーターの組み合わせにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

セーターの場合は比較的派手な色でもスーツと合わせやすいですが、

初心者の方におすすめなのはネイビーのセーターです。

カジュアルな中にも落ち着いた印象があり、上品に見せることができます。

誰にでも似合いやすく、どんなスーツにも合わせやすい色なので、

失敗することもないでしょう。

他の色のスーツに比べても大人っぽく、さりげないオシャレになります。

ネイビーのセーターでコツを掴んだら、

グレーやベージュなどの色にチャレンジしてみてもいいですね。

まとめ

どうしても地味な印象になりがちなスーツも、

色を変えてみることによって、明るい印象にすることができます。

コートやセーターなどと合わせることでさらに違った印象になります。

コートやセーターを選ぶ際は普段に使うことができるかということも大事ですが、

派手な印象になりすぎない、スーツに合うものかどうかに注目しましょう。

グレー、ネイビー、ベージュなどの、落ち着いた色のものがスーツとは合わせやすいです。

スーツと同じ色ではなく、違う色を選ぶのがオシャレに見えるポイントですよ。

毎日着るスーツだからこそ、周りとは差をつけてオシャレを楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする