年賀状で一言書き添えたい時に健康を気遣う心が伝わる文例集!

シェアする

スポンサーリンク

年賀状

さぁ、社会に出て初めての年末年始。

せっかくの休みだから、色々やりたいでしょう、

お金も学際の時よりは使えるでしょうし。

しかし、年末年始の休みの間でも、仕事があります。

そうです、年賀状です。

今まで書いてこなかった、書いていたが社会に出て初めて、

どうせ書くなら、印象のいい年賀状を書きたいですよね?

今から、その年賀状一つで、

これからの仕事が少しでもスムーズにいく書き方を、一緒に見ていきましょう。

年賀状は一言書き添ええるだけで上司への印象が変わる⁉気の利いた一言の文例。

どんな一言を年賀状に書けば上司への印象が変わるか?

それは…ご自愛!

ご自愛の意味としては、体を大切にしてくださいという意味です。

普通の文章でも、いいでしょうが、まだ社会に出て間もないので、

これくらい上司の方に対して、使ってもいいと思います。

同じ意味でも、体を大切にしてください、よりは、

ご自愛くださいの方が、端的ですし、大人な文章の印象を受けると思います。

年賀状に書くとしたら

・このところ寒さも一層厳しくなってまいりました、ご自愛くださいませ

・この一年のご自愛と、ますますのご活躍をお祈り申し上げます

などがいいのではないでしょうか?

ちょっと、堅苦しいなぁ、私はもっと上司と距離が近いからなぁ、

といった場合は、その上司とあなたの関係性にもよるでしょうが、

・昨年はありがとうございました。今年もアドバイスお願いいたします

・いつも見守って頂いて、ありがとうございます

などの、ちょっと柔らかくした感じの文章でもいいのではないでしょうか?

もしくは、もっと攻めるなら

・昨年同様、○○に連れて行ってください

・○○の案件必ず成功させましょう

など、でもいいと思いますが、

これは関係性にもよるので、あなたの判断でお願いします。

無難で、社会人らしい年賀状にしたいのなら、

最初に挙げた、ご自愛を入れたほうが、健康にも気を遣えて、

気の利いた一言になるのではないでしょうか?

年賀状の書き方マナー、去年はNG!昨年はいい?

そうです、去年は×、昨年は〇です。

意味合いは去年も、昨年も同じです。

が、去年は年賀状などの、丁寧な言葉が使われるようなところでは、マナーとしてはNGになります。

昨年は、丁寧な言葉でもあり、上司などの目上の人に対して使う言葉なのでOKになります。

それと、去年の、去という漢字がよろしくないと言われています。

この漢字は去る(さる)とも読まれることがあるので、

あまり年賀状などの場面では使いません。

年齢が近い上司や先輩なら、見逃すかもしれませんが、

もっと年齢の高い上司の方々に送るときは、より一層注意してください。

いくら、気の利いた文章を書いたり、よい一言を書いても、

その去年という漢字を使うだけで、

せっかくのプラスのチャンスが、一気にマイナスになり損をする可能性があります。

特に、社会にでて間もない、あなた方は、より一層どういう子なのか、

この子の言葉使いはどうなのかといった、警戒や心配をされているでしょうから、気を付けてください。

私があなたの上司だとしても、他の先輩方とは違って、

付き合いが短く、初めてのやりとりをする子が、常識はあるのか?

というような気持ちで読むと思います。

逆にあなたが、先輩になり、

後輩からいきなりため口で会話されると、ん!?となりますよね?

常に相手の立場で考え行動してみてください。

最後に

年賀状は、年始の挨拶になります。たとえ直接顔が見えなくても。

しかし、顔が見えないからこそ、その年賀上一枚で、印象が決まることもあります。

ぜひ、今後の社会人生活において、スムーズに生活が送れるように、願います。

あなたも、昨年同様に、ご自愛下さいませ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする