スキーの日焼け気を付けて!しっかりケアしないと大変なことに⁉

シェアする

スポンサーリンク

スキー

冬場になるとスキー行きたくなってしまうことがありますよね。

スキーに行ったときに

一番気をつけなければいけないことは何か知っていますか?

実は意外かもしれませんが日焼けなのです。

日焼けは夏にするもので冬にはならないと

思っている人も多いのですが冬場でも日焼けは起こるのです。

しかも冬場の日焼けは夏場の日焼けよりも

治りにくいため予防をしっかりとすることが大切になってくるのです。

そこで今回はスキーで日焼けをしてしまった時のケアの方法と

肌を焼きたくない人に必要になってくる日焼け止めの選び方についてお伝えします。

スキーで日焼けをしてしまう原因

スキーをするときには

たっぷりと服を着こんで日焼けをする余地がないのでは

と思いがちではあるのですが太陽の直射日光によって

焼けているのではなく雪の反射で日焼けをしているのです。

太陽の日光が地面に当たると熱を吸収するのですが、

地面の上に雪があることによって反射してしまうのです。

その反射の光と太陽の直射日光を浴びることで日焼けをしやすくなっているのです。

スキーで出来た日焼けはすぐには治らない

夏の日焼けと違って冬にできた日焼けはすぐには治ってはくれません。

すぐに治ってくれない原因は

気温が低いため体内の新陳代謝が低下していることが挙げられます。

新陳代謝が活発であれば皮膚の再生をすぐにしてくれるのですが

新陳代謝が低下していることで皮膚の再生能力も低下しているので日焼けがなかなか治らないのです。

なかなか手強い⁉スキーで日焼けしてしまった時の治し方

治し方は夏の日焼けと同じ

冬に日焼けを起こしてしまった時のお手入れの方法は

夏場のお手入れの方法と差はありません。

焼ける前に日焼け止めをしっかりと塗って遊んだ後には

しっかりと保湿をするということです。

肌の日焼けが少し落ち着いてきたときには

しっかりと化粧水を塗りこんで肌の修復をするということが大切になってきます。

目の日焼けによるお手入れもしっかりと

目は日焼けなどしないと思いがちではあるのですが

雪目という症状が出てくることがあるのです。

雪目になってしまうと目が充血したり

ゴロゴロしたりしてしまうことがあります。

雪目になっていなくてもスキーが終わったあとには

目薬をしっかりとさしてケアするようにしてください

絶対焼きたくないあなたへ!スキーの日焼け止めに必要なSPF値は⁉

SPF値とは

日焼け止めの入れ物などを見ると

SPF値と書かれているものを見ることはないでしょうか

このSPF値とは肌を炎症させる原因となる紫外線を

どれぐらい抑えることが出来るのかについて記載されているものです。

ですのでこの数値が高いものほど

日焼けを防ぐことが出来る日焼け止めになるのです。

スキーの日焼け止めに必要なSPF値は⁉

スキーをするときに必要になるSPF値は

どれぐらいのものを選ぶのがいいのでしょうか

スキーをするときにはSPF50+のものを選ぶことによって

日焼けをしにくくなります。

また汗や水にも強いというものを選ぶことによって

何回も塗りなおす必要がなくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はスキーでの日焼けが起きてしまう原因や

日焼けをしてしまった時に治りにくい理由、お手入れ方法についてお伝えしました。

冬場もそうですが夏場での日焼けも

焼ける前の予防と焼けた後のお手入れをしっかりとすることによって

長引く日焼けを少しでも軽くすることが出来ます。

日焼けした後に悩むよりも少し面倒でも

しっかりと予防をすることで

効果が大きく変わってきますので

しっかりと準備をしてスキーを楽しんでください

スポンサーリンク

シェアする

フォローする