餅に浮いたカビは何色?食べてもいいモノとダメなモノの見分け方

シェアする

スポンサーリンク

食 もち

お餅が、一番売れるのは、やはりお正月でしょうね。

鏡餅とかでも、よく販売されてますし。

お正月の時期ってなぜか、お餅食べたくなるんですよね、

昔からの文化だからでしょうか?

しかし、調子に乗って、お餅を買いすぎると、結局あまって、処理に困りますよね?

少し、時間がたって食べようとしたときには…カビ!?

今回は、そんなお正月の、お餅についてお話します。

お餅の赤いカビは危険!食中毒を引き起こすカビは?

赤いカビに限らず、基本的にカビのついたお餅は、食べないほうがいいでしょう。

赤いカビはその名の通り、赤やピンクみたいな色をしているので、

比較的わかりやすいと思います。

ほかにも、緑色や、紫みたいな色のカビもあります。

なので、基本的に買った時の色と変わってきたら、

それがまだカビの状況じゃなくても、避けれるなら避けた方がいいと思いますよ。

もちろん、もったいないので

その前に完食できれば最高なんですが、意外とお腹にたまるんですよね…

万が一、カビのついたお餅を食べると、

食中毒で下痢や嘔吐といった症状が出ます。

これは、体がカビと戦って、

排除してくれようとしてくれているので仕方ないですが、結構つらいはずです。

では、赤カビ以外にも食中毒を起こすカビがあるので、紹介します。

アオカビ、黒カビ、コウジカビ、カワキコウジカビなどが存在します。

それぞれ特徴はありますが、

明らかにお餅の白い色と区別できるので、白い以外は信用しないで下さい。

食べてしまうと、赤カビ同様に、食中毒になり、

下痢や嘔吐になることがあります。

お餅をカビから守っておいしく食べよう!正しい冷凍保存のススメ

では、カビからお餅を守る方法で、一番、簡単なのは冷凍保存でしょう。

カビの特徴として、0℃以下の状態では、繁殖できないので、

残ったお餅は、冷凍保存すれば、3~4か月は、食べられます。

やり方も簡単です。

小分けにして、サランラップや、密閉出来るものにいれて、冷凍庫に入れるだけです。

簡単ですよね?

残ったお米を、冷凍するのと変わりません。

だってお餅は、お米からですから。

このように、お餅をカビから守るには、

カビの性質をもうちょっとお伝えします。

カビは食品に、限らず、

洋服や、靴、クローゼット、畳など、色々なものに発生します。

それはなぜか?

カビは、湿気が高く、気温が高いところを好みます。

なので、日本の気候はうってつけなのです。

カビが生えるところは、通気性をよくしておくといいと聞いたことありませんか?

それは、カビの嫌がることをするようになのです。

しかし、食品は、なかなか他のものと比べて、

それはなかなか出来ないですよね?

だからこそ、一気に冷凍庫にいれて、カビが生えないようにするのです。

カビを発生させないようには、カビの嫌がることを、

知っておくことが重要だと思ったので、少しだけ、余談を入れました。

最後に

今までのカビについてを聞くと、あなたはどのような印象を受けましたか?

やっぱりカビって嫌い、最悪、というような印象を受けたのではないでしょうか?

しかし、カビも人類の生態のなかでは、

菌を見えない微生物を食べてくれるので、一概には、不必要だとは言い切れません。

あなたが、処分に困った餅に関しては、カビは邪魔なんですけどね。

毎年処分するのは、もったいないです。

今年からは、お餅の保存方法や、

カビに対しての知識があるので、乗り切れますね。

まぁ、可能であれば、保存しなくてもいいように

調節出来ればもっといいですが、私もですが、毎年残ってしまいますよね?

なので、その時のために少しでもこのことを、

覚えていてくれれば、乗り切れますので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする