コートの袖についているタグはどうする!?

シェアする

スポンサーリンク

人 服 コート

秋冬になると、大活躍するコート。

コートを1枚羽織るだけで、

なんだかとってもオシャレに見えてしまいますよね。

実は、コートにはあまり知られていない知識がたくさんあります。

今回は、

「コートについているタグはどうするの?」

「正しい袖丈はどのくらい?」

などの、皆さんが疑問に思っているコートについての知識を

わかりやすくご紹介したいと思います。

コート選び理想の袖丈は親指付け根がポイント!

みなさんは、コートを購入するときに袖丈を意識して購入したことはありますか?

コートのサイズを選ぶ際には

腰回りや裾の長さを気にして選ぶ人が多いと思いますが、

袖丈もサイズを選ぶ際にとても重要なんです。

短い袖が好きな人、長い袖が好きな人、

様々だと思いますが、基本的な理想の袖丈というものがあります。

それは、親指の付け根に届かないくらいの長さです。

コートの袖は、インナーの袖が見えないくらいの長さが

一番着こなせているように見えるんです。

しかし、親指が隠れてしまうくらいだと

長すぎてサイズが合っていないように見えてしまいます。

コートを選ぶ際には、

袖の長さが親指の付け根が見えるくらいの長さのものを選ぶようにしましょう。

コートの袖についているタグは、

デザインのように見えて、切るべきなのかどうなのか、

迷ってしまいますよね。

街を歩いていても、

タグをつけたままコートを着ている人もよく見かけます。

しかし、コートの袖についているタグは取って切るのが正解。

ファッションに詳しい人にとっては、

コートの袖のタグをつけたままなのはとても恥ずかしいことだそうです。

コートの袖のタグをつけたままいるのは、

ファッションのことを分かっていないと堂々と見せているようなものです。

コートを新しく購入した際は、袖のタグは外して着用しましょう。

コートの袖オシャレ上級者は折る!?こなれて見えるロールアップの仕方!

ジャケットなどのアウターは、

オシャレな人は袖を折ってロールアップにしているイメージがありませんか?

コートも袖を折ればオシャレに見えるのでは?

と思う方もいるかもしれませんが、

普通のコートは袖を折って着用することはありません。

普通のコートの袖を折ってしまうと、

オシャレどころか逆に変に見えてしまいます。

しかし、モッズコートというコートだけは、

袖を折って着るとオシャレに見えます。

モッズコートというのは、もともとは米軍で使用されていたものです。

防寒性にとても優れているので、

1枚でゴワゴワしないのにあったかく、

寒い冬でもオシャレを楽しむことができます。

細めのシルエットができあがるので、

着ぶくれしたくない女性にはとっても嬉しいですよね。

モッズコートは袖を折っても不自然ではなく、

むしろこなれて見えるほどです。

モッズコートで袖のロールアップをするときは、少し太めに折ってみてください。

細く折るとなんだかしっくりこないこともありますが、

太めに折ることでオシャレなロールアップになりますよ。

まとめ

コートのサイズは袖の長さも重要で、

基本的な理想は、中のインナーが見えないくらいがいいので、

親指の付け根が見えるほどの長さです。

カジュアルファッションの場合は

インナーをあえて見せることもありますが、

これよりも長い丈のものは控えたほうがいいでしょう。

コートの袖にタグが付いている場合、外して着用するのが正しい着方です。

デザインではありませんので、注意しましょう。

普通のコートでは袖を折ることはありませんが、

モッズコートの場合は袖を折ってもオシャレに見せることができます。

その際には、細目ではなく、太めに折るようにしましょう。

コートはオシャレ上級者向けだと思っている方もいるかもしれませんが、

そんなことはありませんよ。

ぜひ今年の秋冬は、コートで思い切りオシャレを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする