いまさら聞けない!布団の干し方…シーツもそのままが正解!?

シェアする

スポンサーリンク

掃除が上手くなる!掃除の年間スケジュール

分かっているようで、意外と奥が深い布団干し。

いままでは、なにげなく他の人が干しているのを、見ていただけ。

いざ、やろうとすると、あれ?布団干しってどうやるんだっけ?っとなりませんか?

布団干しは、ただただ、干せばいいわけではありません。

あっ、干さないよりはいいですけど…

しかし、どうせ干すなら、効率よく、効果的に干したくありませんか?

今回は、この布団干しについて、見ていきましょう。

布団が重いのは湿気のせい!時々干せば解決!

はい、布団が重いのは湿気のせいです。

ただでさえ、そんない軽くない布団が、

さらに湿気のせいで重くなると、毎日の布団上げの作業が疲れますよね。

週末にかけて、だんだん重くなることを感じたことはないですか?

まぁ、週末なんで、

日ごろの疲れで重く感じることもあるかもしれませんが。

疲れだけではなく、実際に湿気で重くなっています。

雨で例えるのは、ちょっと大げさかもしれませんが、

雨の日に傘を持たずに、濡れた時のことを思い出してください。

着ている服はびちょびちょ、それに雨のせいで重くもなっている…

おっ、これで通じましたか?

そうです、ちょっと例えが大げさですが、同じことです。

そして、服が乾くとどうですか?軽くなりますよね!

布団も同じことです。

じゃあ、どうやって布団を軽くすればよいのか?

簡単です。こまめに干せばよいのです。

その時のポイントは、晴れていること!

ただそれだけです。

細かいポイントは後でお話ししますが、

日光にあてて、湿気を取ることが出来れば、

それだけでも、布団は軽くなります。

理想は週に二回は欲しいですね。

無理なら、少なくとも週一はやってください。

どうしても家の中は、日光が外からあまり届かず、

仮に届いたとしても、

日光+風(空気)に触れさせた方が、より湿気が飛ぶからです。

髪が濡れた時、晴れた外で自然に乾かすのと、

自然と乾かしながら、

ドライヤーで風を送りながら乾かすのはどちらが、より効率的に乾くでしょうか?

そうです、お見事!

なので、布団もこまめにほして、湿気を取るように心がけてください。

カビも発生しにくいので!

布団の干し方は短時間でOK!裏返して干すのも忘れないで!

さぁ、ちょっと細かいですが、

晴れた日とはいえ、湿気は必ずあります。

が、一日を通しても午前中、さらに細かく言えば

10~12時が、一番湿気が少ないらしいです。

なので、布団干しはその時間帯を狙って干せば、

効率的に、短時間で干せます。

あとは、表側だけではなく、裏側もしっかり干してください。

表側は、あなたの汗などので、

裏側は、重みと、通気性の悪さで、決していい布団とは言えません。

なので、両方を1時間おきに変えて干せば十分です。

それと、布団を清潔にしすぎようと、

布団たたきでバシバシ叩くこともやりがちですが、あれは、よくありません。

布団のなかの繊維を痛めてしまうこともあります。

やりたい気持ちはわかりますが、軽くたたくくらいで、

あとは手で、布団のホコリを撫でるように取ってあげると、

よりふっくらした気持ちい布団になりますよ。

最後に

毎日使う布団。そして決して安くない布団。

だからこそ、日々の手入れが重要なのです。

あなたも、ふっくらした、太陽のにおいがした布団で、寝たくないですか?

本当に気持ちいですよ。

あとは、全体の注意事項として、

冬の時期、あなたは、花粉症は大丈夫でしょうか?

もし、花粉症であれば、干す際に注意してください。

しっかり干さないと、花粉が布団についたままになり、

夜、そのせいで、寝られなくなるかもしれません。

もし、干すことできつくなるのであれば、

今は布団乾燥機等が、電気屋さんにあるので、

冬の時期だけでも、購入するのも一つの手です。

それくらい、布団干しは大切なのです。

では、あなたが、布団干しにより、良い眠りにつけるように願っています。

おやすみなさい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする