加湿器の代わりにコップにお水その効果とは!?

シェアする

スポンサーリンク

水

加湿器の代わりにコップに水を入れた時の効果

コップに水を入れた状態で置いておくことも

加湿の観点から非常に有効なのですが

室温が下がっている部屋では水が蒸発しにくいのです。

そのため部屋を加湿することに

時間がかかってしまいがちになります。

☑コップに入れるならお湯がおススメ

コップに水を入れて加湿するよりも

お湯を入れて加湿をするほうが部屋全体に加湿をスムーズにしてくれます。

コップ程度のお湯でしたらすぐに沸かすこともできますので

それほど手間にもならないかと思います。

☑見た目にこだわるならコップ中にコーヒーフィルターを

寝室にカップを置いていると

見た目的に合わないのではと思う人もいるかと思います。

そんな時にはカップの中にコーヒーフィルターを入れてみてください。

カップにコーヒーフィルターを入れることによって

オシャレな小物感が出てきますので

部屋のインテリアとして映えるようになります

加湿器の代わりに寝室におけるもの!かしこく節約できるかも?

暑い夏が終わると次に来るのは寒い冬ですよね。

冬になると寒いことも困るのですが部屋の中が乾燥してしまうことが何よりも困ってしまいます。

乾燥したままで放置してしまうと風邪をひきやすくなってしまったり、

肌が乾燥してしまいひび割れなどと損することだらけです。

でも加湿器をわざわざ購入してまで乾燥対策をするのも

ちょっとと思ってしまうことがあるのも事実です。

そこで自宅にあるもので簡単に代用をすることが出来ないかなと

思い探してみると意外にもありました。

代用をすることで余分な費用をかけることなく

感想を防ぐことが出来ましたのでお伝えしたいと思います

タオルを濡らしておいておく

寝室の乾燥を防ぐには

水分をふくんだものを置いておくことで加湿することが出来ます。

方法は大きめのプラスチック容器に水を入れて

バスタオルなどを入れてタオルを湿らせるようにします。

この時にタオルは空気中によく触れるように

できるだけ広げて置いてください。

そうすることによって

短時間で部屋を加湿することが出来るようになります。

マスクをして寝る

部屋を加湿するのもいいのですが

自分の身体だけを加湿するという方法もあります。

それはマスクの中に水分を多く含んだシートなどを挟んでおくだけです。

人が寝ているときに最も乾燥する場所は

のどですのでマスクに水分を含んだものを

入れて置くことでのどの乾燥を防ぐことが出来ます。

加湿器の代わりにタオル?バケツにお水を入れるのも効果あり?

加湿器の代わりにバケツに水を入れて

置いておくことも効果がありますが

部屋を加湿してくれるまでに時間がかかってしまいます。

ですので短時間で加湿できるように

バケツの中に丸めた新聞紙を筒状にして

できるだけバケツの中に入れてください。

バケツの中に新聞紙を入れて丸めることによって、

新聞紙が水分を吸い込みますので蒸発しやすくなります。

蒸発しやすくなると部屋の加湿も早くすることが出来ます。

バケツに入れて置いておくのならお湯がおススメ

バケツに新聞紙を入れて置いておくことが少し面倒と感じる人は

バケツの中に入れておく水をお湯に変えておいてください。

お湯にすることによって蒸気が発生し加湿しやすくしてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は加湿器の代わりになるものも作り方についてお伝えしました。

加湿器は乾燥しがちな部屋を適切な湿度に保ってくれる優れものですが

冬を越してしまうと家の中での荷物になってしまいがちです。

荷物になってしまうと場所を取ってしまいますので

できるなら代用品で冬を過ごしたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする