お年玉の平均はいくらで合計どれくらい貰えるのが普通?

シェアする

スポンサーリンク

人 お年玉 

お正月になると楽しみなのがお年玉をもらうことですよね。

普段では中々手にすることが出来ないような

金額をもらえますので非常にうれしいです。

お年玉をもらった時に気になることが、

周りの人はどれぐらいの金額をもらっているのか気になることはないでしょうか。

実は私ももらっているときには周りの人よりも多いのかどうかについて気になったものです。

お年玉の平均額

お年玉の平均額は年齢やもらえる人の数によって

変化しますので一概には言えないのですが、平均額は約4万円です。

多い人では10万円を超す金額をもらっている人もいるみたいです。

ですが多い金額を貰ったとしても親に取り上げられてしまうことの方が

多いみたいですのでほどほどの金額が一番ですね。

お年玉は貯金すべき?使い道はどうする?

そんな時にもらったお年玉を好きな物に使うのか

親に預けるべきなのかどうかについて悩むことはないでしょうか。

すきなものに使うのも親にお年玉を預けることにも

メリットもデメリットもあります。

そこで今回はもらったお年玉を好きなものに使うのが良いのか

親に渡しておくのとどちらが良いのかについてお伝えします。

お年玉は貯金するのが1番?親に渡すべき?

お年玉をもらった時に自分で貯金をするのと

親に渡すのではどちらの方がよいのでしょうか。

自分で貯蓄するのにも親に渡しておくことにも

メリット・デメリットがあります。

どちらにするのかは

自分にとってメリットが大きい方を選ぶようにすれば後々役に立つはずです。

貯蓄をすることによるメリット、デメリット

自分でお年玉を貯蓄することによるメリットについては

金銭感覚が身につくということです。

金銭感覚は

他人にお金を管理されているうちでは決して身につきません。

金銭感覚を身に付けないまま大人になってしまうと、

会社に就職したに入ってくる給料を

しっかりと管理することが出来なくなってしまう

なんてことも出てくるかもしれません。

私も昔は親にお金を全額預けていたのですが

お金を自分で管理することがほとんどなく

大学生になったときに、アルバイト代が入ってきたときに

すぐに使い切ってしまうなんてこともありましたので

金銭感覚を身に付けるのなら早くにすることをおススメします。

一方でお年玉を自分で管理することによるデメリットについては

誘惑が増えてしまうということです。

普段であればお金がないから買うことが出来ないなぁ

で終わってしまうのですが

手元にお金があればついついと無駄遣いしてしまう

といったことも出てきてしまいがちになることが唯一のデメリットといえます。

親にお年玉を預けることによるメリット・デメリット

親にお年玉を預けるメリットは無駄図解をすることがなくなることです。

手元にお金がないので無駄遣いをしたくてもできないようになります。

では一方のデメリットについては先ほどお伝えした

金銭感覚を身に付けることが出来ないということです。

また稀にあるのですが

親に預けていたお年玉が無くなっているということもあります。

子のお年玉が無くなっているのは

もちろん親が使ってしまったことによるものなのです。

理由を聞いたりすると

家計が苦しいなどといわれてうやむやになってしまうこともあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はお年玉の平均額とお年玉を

自分で管理することによるメリット・デメリット、

親にお年玉を預けることによるメリット・デメリットについてお伝えしました。

自分で管理することも親にお年玉を預けることにも

メリット・デメリットの双方がありますので

自分にとってメリットになる方を選んでみてください

家庭によっては親がお年玉を預かるという家庭もあると思いますが

どちらでもよいという家庭であれば

ぜひ自分でお年玉を管理して金銭感覚を身に付けてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする