マスクをするとメガネが曇りませんか?梅雨の最強曇り止めはコレ!!

シェアする

スポンサーリンク

マスク

マスクって便利なアイテムですよね。

もちろん風邪予防や花粉対策としても役立つのですが、

すっぴん対策としても大助かり!

朝寝坊して、メイクに時間かけていられない!

なんていうときも、マスクがあればすぐ外に出られます。

マスクにメガネって最強です。

ですが、マスクしながらメガネをしていると必ず困ること…。

目の前が曇って見えない~!!

だから、マスクかメガネどちらか泣く泣く選んだり、

わざわざコンタクトレンズを入れたりいろいろ考えている人も多いと思います。

そんなお悩みを解消するために、

メガネの曇り対策や、マスクの保湿効果についてご紹介!

ぜひ読んで参考にしてください!

風邪や花粉症対策だけじゃない!マスクの効果で保湿も万全

マスクをしていると分かると思うのですが、

顔がしっとりしてきたなぁと思いますよね。

自分の呼吸がスチーム代わりになって、顔が潤ってくれるんです。

だから、冬の乾燥シーズンもマスクをしていれば、

肌の乾燥を防ぐことができますよ。

それに合わせてメガネもしっとり曇ってる…。

顔の方は保湿されていて嬉しいんですが、

メガネの曇りはうれしくないですよね。

では、メガネをしているときはどうしたらいいのでしょうか。

1つは、ドラッグストアなどに売っている

メガネの曇り止めをつかうことです。

わたしもメガネにマスクは冬場の基本スタイルなので、

曇り止めはよく利用しています。

わたしが使っているのは、

ソフト99コーポレーションさんの、

「メガネのくもり止め 濃密ジェル耐久タイプ」

というものです。

800円程度で、1シーズン分はたっぷり使えます。

本当に驚くくらい曇らなくなるので、今すぐ何とかしたい方にはオススメです。

また、自分でできる対策方としては、

マスクのノーズブリッジを自分の鼻の形にしっかり合わせて使うという方法もあります

ノーズブリッジをしっかり鼻に合わせ密着させることで、

呼吸による蒸気がメガネに当たりにくくなるので随分曇りを防ぐことができます。

こちらは今すぐにでもできるので、メガネ&マスクの方はぜひお試しください。

マスクで保湿、小鼻の毛穴もスッキリ?

マスクで保湿されるということは、

気になる小鼻の毛穴にも効くんじゃないのかなと思いますよね。

わたしも、冬場はそれを期待して、マスクをつけていることも多かったです。

風邪予防もできて、小鼻ケアもできたら一石二鳥ですもんね。

ですが、残念なことに…小鼻ケアはまったくできませんでした。

むしろ、今までより黒ずんでる…?と思えたくらいです。

(風邪の方はまったく引かずに済んだので、マスク効果があったんだと思います。)

実はマスクが小鼻の毛穴にはよくないというのは、美容業界でもわりと常識みたいです。

それはなぜかというと、「肌への摩擦=毛穴ケアの敵」だから!

マスクをしていると、喋ったときや、

首を動かしたときにマスクが肌に擦れますよね。

また、飲み物を飲む時も、

外してまたつけ直すという動作があるのでその度に肌に擦れていることになります。

中でも一番前に出ている鼻は、最も擦れやすい部分!

一日に何度もマスクによる摩擦があることで、だんだんと肌がごわごわ状態に。

いつの間にか固く黒ずんだ肌…なんてことになってしまいます。

また、マスクで保湿されていることが、雑菌繁殖の原因になることも。

気づけばニキビだらけ!というときは、一度マスクの使用を控えるか、

通気性のよいガーゼタイプのものを選ぶといいですよ。

まとめ

いかがでしたか。

花粉シーズンや冬に大活躍のマスク!

日本ではしている人が多いですが、

海外ではあまり主流ではないため旅行で日本に来るとびっくりするみたいです。

マスクは日本人の必須アイテムとなりつつありますよね。

毎年いろいろな種類が出ているのも頷けます。

メガネをしていても、曇り対策を知っていれば、怖いものなしです。

マスクは便利だし、

スッピン隠しにも使えるので愛用したくなると思いますが、

肌が荒れてきた方は要注意!

スッピン対策のつもりだったのに、余計肌が酷いことに!

とならないように、ほどほどにマスクを使っていきましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする