電気毛布の洗濯時コネクタはどうする?安心・安全な洗濯の仕方!

シェアする

スポンサーリンク

雑貨 毛布

電気毛布っていいですよね。

寒い冬には必須アイテムです。

眠るときもポカポカした毛布が下にあると、いつの間にかぐっすり…。

気づけば朝まで快眠です。

そんなお世話になった電気毛布、春になって片付けようとしたとき困るのが洗濯ですよね。

「このコネクタのところ…洗っていいの…?」

そう思う方がほとんどだと思います。

そこで、電気毛布のコネクタは水に濡れてもいいのか、

洗うとしたらどのような洗濯機がいいのかをご紹介。

また、洗った電気毛布を乾かす方法もご説明するので、ぜひ実践してみてください。

電気毛布の洗濯はドラム式・縦型どちらの洗濯機でもできる?

まず電気毛布のコネクタですが、基本的には水に濡れてもOK。

電気毛布の表示に書いてあるので、お手持ちのものを今一度確認してみてください。

(かなり前に買った電気毛布だと、水洗い不可のものもあるので要注意です。)

また、気になるのがどの洗濯機でも洗えるのかというところですよね。

実は、残念ながらドラム式洗濯機は電気毛布洗いには向いていません。

ドラム式は、「たたき洗い」といって節水しながら強いパワーで洗っていくため、

これが電気毛布にとっては致命傷になることも。

洗い終わったら壊れてた!

なんてことにならないためにも、ドラム式での電気毛布洗いはやめておきましょう。

でも、ドラム式のご家庭でも大丈夫。

電気毛布は手洗いでも充分きれいに洗えます。

浴槽にお湯をためて洗剤をいれ、上から押すようにして洗ってくださいね。

また、縦型洗濯機をお持ちの人も、

電気毛布は必ずネットに入れて、洗濯時間は短めを設定してください。

洗っている最中に、

コネクタが洗濯機の中でぶつかるのではないかと心配な人は、

中に丸めこむようにして畳んだうえでネットに入れてください。

こうすることで、洗濯中コネクタがガチャンガチャン当たるということは防げますよ。

電気毛布を乾かす方法!コインランドリーの乾燥機は?

電気毛布を洗ったあとはしっかりと乾燥させましょう。

まず気をつけてほしいのが、

コインランドリーでの乾燥はしないでほしいということです。

コインランドリーって、ものすごく高温で一気に乾かしますよね。

この高温状態、

電気毛布の中に入っているヒーターを故障させる原因となってしまうんです。

ですから、早く乾かしたい!と思っても、

コインランドリーで乾かすのはだめですよ!

では、どうやって乾かせばいいか。

それはまず、お天気のいい日を狙って電気毛布を洗うということです。

わたしはいつも、電気毛布はゴールデンウィークくらいまで放置しています。

それくらいにならないと、洗濯をしても外で乾かないからです。

連休中、晴れ間がきたらいざ洗濯!

家族みんなの分も日替わりで洗濯し、外で干しています。

縦型洗濯機の場合は、ある程度脱水もされているので、

天気がいい日を選べば一日で干せることがほとんどです。

もし手洗いで電気毛布を洗ったという方は、

ある程度水分が抜けるまで待つことが大事。

洗ってすぐは水が滴ると思うので、

浴槽にかけて水気をある程度落としましょう。

そのあとは、布団を干すような要領で物干し竿に干せばOKです。

わたしのオススメは、物干し竿を2本用意して干すことです。

ウナギのかば焼きをイメージしてもらえば分かりやすいかもしれません。

この方法だと、広がっている面が多いのですぐに乾きますよ。

まとめ

いかがでしたか。

冬を温かく過ごさせてくれた電気毛布。

感謝の意を込めて、きれいに洗ってまた来年活用したいですよね。

気になるコネクタ部分、

水に濡れてもいいということを知って意外だった人も多いのではないでしょうか。

わたしも初めて電気毛布を洗うときは、

コネクタの部分はぜったい濡らしたらだめだと思って、

ラップでくるんで手洗いにしていたくらいでした。

もっと早く表示を確認しておけば、あんな手間必要なかったのに…!

と今だからこそ思います…。

基本は水濡れOKのコネクタ部分ですが、

お手持ちの電気毛布によって、

洗濯表示などは異なるのでまずはそれらをよーく確認してください。

電気毛布をしっかり洗って、また寒い冬を越せるようにしておきましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする